にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へバナー画像にほんブログ村 哲学・思想ブログへブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ

ゆっくりと

...

ゆっくりと

 

むくりと頭を擡げたと思ったならば、

そのものはゆっくりと此方に向かってきたのです。

それはなんと言えばいいのでせうか、

私を引っ掴まへて食べたがってゐるやうに思へたのです。

これはいかんと、私は逃げやうとしたのかもしれないのですが、

時は既に遅きに失してゐて、

私は既にそのものに掴まってしまってゐたのです。

なんと頓馬なのでせうか。

そのものは態態(わざわざ)ゆっくりと私に近付いてきたのですが、

私は逃げるどころか気が付けばそのものの方へと駆け出してゐたのです。

私は「喰はれる」といふことを身を以て知りたかったのかも知れません。

何時も喰ってばかりゐた私は、

その事に負ひ目を感じてゐたのでせう、

喰はれるものの哀しみや悦楽をこの身を以て味はひたかっただけに過ぎないのかも知れません。

確かに喰はれることにも哀しみばかりではなく、

大いに愉悦の状態にまで高まる止めどない感情が急激に湧いてきて、

恍惚の態で私はそのものに喰はれたのです。

それはそれは天にも昇る愉悦の状態だったのです。

一瞬にして私は、知ってしまったのです。

喰われること、つまり死するといふ事は抑へられぬ愉悦の状態に包まれながら、

死んで行くといふ事を。

一噛みで首を噛み切られた私は、

一瞬の恐怖を感じたのかも知れませんが、

後は光芒の国へと逃亡を始めたのでせうか。

抑へきれぬ恍惚の感情が私を呑み込み、

私はそのものに喰はれる間、

薄れ行く意識を抱いてその恍惚の思ひの中で死んでいったのです。

それは私には嬉しかったのです。

 

その私はと言ふと、

私はニンゲンと呼ばれるものの眷属なのです。

これまで数数の悪事を働いてきた眷属の一人で、

何をも喰らってしまふ雑食性の生き物だったのです。

そんな私が喰はれることは体よく言へば自己犠牲と思はれるかもしれませんが、

全くそんなにことはなく、

単なる自分の興味本位の行為だったのでせう。

毎日喰ふことに負ひ目を感じてゐた私は、

何かに喰はれるやうにと毎日望まぬ日はなかったのです。

それが到頭やってきたのです。

こんなに嬉しいことはないではありませんか。

私はそのものがむくりと頭を擡げたのを見た刹那、

途轍もなく嬉しかったのかも知れません。

漸く私が待ち望んでゐた存在が私の目の前に現はれたのです。

私は一瞬怯んで逃げようとしたのかも知れませんが、

それは思ひ留まり、

私は喜び勇んでそのものの方へと駆け出したのかも知れません。

その時の行動を残念ながらはっきりと覚えていないのです。

唯、私は恍惚の中、ゆっくりと薄れゆく意識の中で、

死ぬことができたのです。

これ程幸せなことはないでせう。

さう、私は此の世で最も幸福な存在だったのかも知れません。

喰はれることがこんなに嬉しいこととは思ひもしませんでしたが、

私はしかし、その事を薄薄気が付いてゐて、

そのものが出現するのを今か今かと待ってゐたのでせう。

私は本懐を遂げたのです。

(Visited 1 times, 1 visits today)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
来訪者