site
stats ??????
にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へバナー画像にほんブログ村 哲学・思想ブログへブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ

何となく

何となく

 

低気圧が来ると途端に体調を崩す身にすれば、

雪景色は哀しいのでした。

何となく哀しいのです。

しんしんと降り積もる雪が辛いのです。

止めどなく溢るるのは憂鬱な気分で何となく哀しいのです。

 

生きるのは苦しくて

私は雪景色を恨むのです。

ここが人間の浅薄なところで、

恨んだところで、何にも解決しませんが、

気分は少し楽になるのです。

 

これが実存といふものなのかと、

知ったかぶりをするのでしたが、

死に絶えず追ひ駆けられてゐる私は、

この実存と言ふ言葉に何となく慰みを覚えるのでした。

 

それでも低気圧に蔽はれた地上に生きる私は、

苦しくて苦しくて、

頭痛に襲はれ、目眩に襲はれ、そして、卒倒するのを常としたゐたのです。

それはなんの前触れもなく突然やって来て

私は不意に卒倒するのです。

目の前は、真っ白になり、ちかちかと星が瞬き始めたかと思ふと、

バタリと卒倒するのです。

 

この卒倒すると言ふ状態は実存の空隙なのか。

私は、卒倒する時に喜びすら感じるのです。

何故かと申しますと、

それは苦しさから救ってくれるからです。

それが一時のことであらうとも、

卒倒してゐる私は苦悶から解放されるのです。

 

卒倒してゐる間、私は夢を見てゐるのかもしれません。

しかし、それは過去が走馬燈の如くに脳裡に過ぎり

死に歩一歩近付いた証左なのかも知れません。

卒倒もやはり実存から遁れることは出来ないのです。

これもまた、哀しいことなのです。

それを乗り越えるべく、観念を喰らはうとするのですが、

私の無能では実存を乗り越へるべき観念は今のところ構築できないのであります。

そもそも観念が人を生かせる代物なのかも解らず、

とはいへ、観念が生に先立つものである事は本能的に解ってゐるのです。

世間では思弁的実在論なるものが持て囃されてゐるやうなのですが、

私には、それが不満でしやうがないのです。

メイヤスーでは満足出来ないのです。

私にはカントの物自体といふ感覚が一番しっくりと来るのです。

何故なら、此の世は諸行無常であると言ふ事に物自体と言ふ観念がとてもぴったりと来るのです。

もの全て、つまり、森羅万象、現存在の思ふ通りに操れないと言ふ考へ方が一番しっくりとくるのです。

 

雪景色は哀しいものです。

卒倒から目覚めた私は、真白き風景を見ては

虚空を恨めしく眺め、

神を呪ふのです。

(Visited 1 times, 1 visits today)

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. こず恵 より:

    蟻地獄 …

    Shared from http://ninetailsgoldfox.org/蟻地獄/

    はじめまして。積さん。
    わたしは大阪に住む1981年生まれの上田こず恵という者です。
    わたしも鬱症状があり、また重度の対人恐怖もあるために2008年から引きこもっています。

    昨日たぶんブログ村から積さんの存在を初めて知りまして、昨日「畸形」を読んで、
    今日「蟻地獄」を最後まで読ませていただきました。
    読んで、素直に感動しました。
    内容にも感動したのですが、積さんという人間の存在にもとても感動しました。

    わたしは哲学はまだまともに読むことすらできていない人間ですが、積さんの切実な言葉は、わたしは感覚で理解できます。
    積さんのような存在がいてくれることが、大いにわたしの生きる励ましとなります。
    それは積さんとわたしが、よく似たところで生きているからかもしれません。

    これからも表現をつづけていただきたいと想います。
    わたしも表現でしか生きられなくなった人間です。

    わたしは今35歳で、これからどうなっていくかわかりませんが、生きていくほどに孤独になってきていることは確かです。
    そして孤独になってくるほどに、表現できることに喜びを感じられていることに気づきます。
    こうなってくると、今度は孤独を失うことが怖くなってくる。
    孤独は苦しいものでもあるのに、その苦しみを失うことを恐れています。

    「存念」というものをなくしたら、その人間はその人間ではなくなってしまうように想います。
    積さんは、ものすごく強靭な「存念」をしっかりと持って生きてきた人のように感じます。
    人間は変化を望みながら、変化しない部分を持つことが必要だと想うのです。

    わたしは苦しみやとくに「悲しみ」に昔からもっとも価値を置く人間です。
    これが変化するなら、自分はほんとうに違う人間になるということだと想います。

    まったく変化しない部分を持ちながら、人間はどこまで変化していけるのか。
    表現は、ひとつそれをやっているように感じます。

    積さんはそんなことをずっとやってる人のように想います。
    だからとても魅力的な人です。

    そしてわたしも、それをずっとこれからもやっていきたい人間です。

    積さんを知って救われた気持ちになりました。
    どうかずっとつづけてください。

    またなんかあったらメッセージ送ります。
    お元気で。

    上田こず恵

    http://sirosorajpnonikki.hatenablog.com/

    http://blog.goo.ne.jp/amanenonikki

コメントを残す

*

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村