site
stats ??????
にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へバナー画像にほんブログ村 哲学・思想ブログへブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ

別れ話においての優柔不断

別れ話においての優柔不断

 

――はっきりと決めてください。

 

さう言って彼女は不意に別れ話を切り出した。

その刹那、おれは何にも決められぬ己の優柔不断に腹を立てながらも、

既に、彼女との別れを望んでゐた己の狡さを押し隠しては、

只管に黙して何にも語らなかったのだ。

 

――狡いのね。

 

ぎろりとこちらを見ながら彼女はさう言った。

何もかもお見通しか。

今更ながら知らぬ存ぜぬを貫き通すことは不可能といふ事か。

ならばと俺はぽつりと呟いた。

 

――あなたの好きなやうにしてください。

――本当に狡いのね。私が決められるわけがないぢゃない。さうやって何時もあなたは逃げてきたわね。

 

つまり、彼女はまだ、俺を好いてくれてゐたのであったが、

今のままの状態では最早二人の関係を続けてゆくことは不可能だ、と迫ってゐるのだ。

 

そんなことなど気が付かぬ振りをしながら、おれは彼女につれないまま、

再び黙して何にも語らうとしなかった。

 

この痴話話において、おれは、存在に触れることができたのであらうか。

彼女とおれの関係から何か目新しいものがあったのであらうか。

 

ふっ、これがおれのつまらぬところなのだ。

何事も大袈裟に存在に関係するものとして考へなければ、

事態が全く呑み込めぬおれは、

全く下らない人間で、

彼女が愛想を尽かすのも致し方ないことなのだ。

 

その上優柔不断と来てゐる。

これぢゃ、どんな人間だっておれに愛想を尽かすのは当然なのだ。

 

ところで、おれの思ひは決まってゐながら、おれは別れが切り出せぬ。

 

――私は安心してお付き合いできる人を探します。

 

へっ、おれは危険な人間なのか。

成程、確かにおれはおれに対してはとっても危険極まりない存在には違ひないとは思ふが、

事、他人に対しては人畜無害で、何にもありはせぬのだ。

しかし、差うおもってゐるのはおれだけなのかも知れぬ。

 

では何故、彼女は別れをここに来て切り出したのかと言へば、

それは、私の倫理的なる美意識に対して嫌悪しか催さなくなってしまったからだ。

その倫理的なる美意識とはなんぞやと問はれれば、

それは情動に溺れたいのにそれを圧殺し、

さうして情動の衝動に対して恥じ入るばかりの愚行を行ふ見栄を張るからなのだ。

衝動のままに性交がしたかった彼女にとって、おれの屈折した性的欲求は、

彼女の我慢がならぬ有り様であり、詰まるところ、彼女の欲求不満は憤懣へと昇華して、

おれをぶん殴らなければ、自分を正常に保てぬ自分が嫌ひで仕方がなかったのだ。

 

――もう、私の嫌な面を見たくないの。

 

さう続けた彼女は、私の頬を一発びんたして私の元から去ったのである。

 

其処で彼女を追へば、まだ、彼女との関係は続いたに違ひないが、

おれは終ぞ彼女を追ふことなく、

優柔不断のまま、黙して一歩たりともその場から動かなかったのであった。

(Visited 1 times, 1 visits today)
...


Warning: extract() expects parameter 1 to be array, string given in /home/crimsonfox/ninetailsgoldfox.org/public_html/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/bzb-functions.php on line 314

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村