にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へバナー画像にほんブログ村 哲学・思想ブログへブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ

幽玄といふ空虚

...

幽玄といふ空虚

 

いざ、彷徨ひける薄闇の中の幽玄なる空虚な世界は、

嫌におれの心をざわつかせ、さうして薄明の中に見ゆるは幻か。

一片の落葉がゆるりと落ちて、その落つる幽かな音が増幅されては

しじまに波紋が生れたり。さうして、空虚な世界はゆらりと揺れて

何故にか、おれを煽情せしが、草臥れちまったおれは、ばたりと倒れるのみ。
――ふっふっふっ。

と何故か嗤ふおれは、倒れたままに仰向けでその空虚な世界を凝視せしが、

それをして幽玄といふ言葉は脳裡を掠めることもなく、

がらんとした心がしくしくと啼く。

 

何といふ虚しさか。

とはいへ、おれは虚しさを喰らふべく、

この幽玄なる空虚な世界に脚を踏み入れり。

 

これで能く解った筈なのだが、

返って空虚がおれの心を揺さぶりれし。

 

共振かと思ふも空虚に同情する心の状態を知らぬおれは、

この後どうすればいいのか、全く覚束なく、千鳥足で立ち上がり、

再びこの世界を彷徨ひし。

 

――嗚呼、

と嘆くことすら知らぬおれは、

苦虫を噛み潰したかのやうに

顔を顰めてはおれの頬をぶん殴りし。

それではっと目が覚めたおれは、

尚も頬をぶん殴り、その音のみが虚しく響き、

さうしてしじまに波紋が生れり。

 

成程、おれは、この幽玄なる空虚な世界を揺らしたきか。

さて、揺れて蛇が出るかを化けものが出るかは知らぬとはいへ、

何ものかがゐると端から思ひ込んでゐるおれは、

馬鹿に違ひなき。

哀しき哉、未だに何にも知らぬ無邪気なおれは、

幽玄なる空虚な世界が悪魔の住む巣窟であることを

やがて知ることになり、

悪魔に対してあれやこれやと

知識欲に飢ゑてゐる我儘な幼児のやうに

世界の秘密を知らされることになるとでも考へてゐるのか。

 

――嗚呼、何たることか。

最期はさう嘆いてこの世界を始末するに決まってる。

さうぢゃなきゃ、此の世の秩序は転覆し、

おればかりが蔓延る何とも気色悪い世界が更に空虚にして宙を漂ひし。

 

それは間違ひだと気付けばまだしも、

悪魔に煽てられて有頂天になってゐるおれは、

悪魔の双生児として世界を闊歩するのだ。

それが自滅の歩みであらうとも。

(Visited 1 times, 1 visits today)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村