site
stats ??????
にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へバナー画像にほんブログ村 哲学・思想ブログへブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ

微睡みに誰が現はれるのか

微睡みに誰が現はれるのか

 

絶えず吾が視界の境界には光り輝くものがゐて、

俺を監視してゐるのだ。

 

そいつがもっともよく見えるのは、

闇の中であったが、

何時も不意に私の視界の境界にその輝く四肢を私の視界の真ん中へと伸ばしながら、

しかし、それは線香花火のやうに消ゆるのだ。

 

その様が美しく、それが見たさに俺は、敢えて闇の中へと趨暗するのであるが、

輝く四肢を持ったそいつは、

しかし、その顔はこれまで一度も俺に見せたことはない。

果たして、そいつは俺の幻視なのかどうかはさておき

確かに見えてしまう、吾が視界の境界は、

既に、彼の世へと足を踏み入れてゐるからなのかも知れぬ。

 

俺は長患ひをしてゐて、不思議なことが俺の身には数多く起こったのであるのだが、

それら不思議体験は、殆どが一時的なもので、ずっと尾を引いたものは、

その吾が視界の境界での輝く肢体と、光の微粒子が雲のやうにまとまった「光雲」が

時計回りに、反時計回りに巡りる

奇妙な人魂のやうなものが俺の視界の中を巡ることが依然として俺の身に起きてゐるのだ。

 

これは、俺が死人の魂の通り道だと観念してもう文句も言はずに、

その現象をぢっと眺めては、

――また一人死んだ。

と、割り切り残酷に俺は宣言するのだ。

 

俺は、死人は、死とともに超新星爆発のやうな爆風を此の世に吹かせ、

それが俺の視界に引っかかり、それがカルマン渦を発生させて

私の視野の中に光雲をもたらすと勝手に看做してゐるのだが、

まんざらそれが的外れではなく、

光雲が現れるのは、俺が心酔してゐた人が亡くなったときによく現れて、

その亡くなった人の死した頭蓋骨内の闇、つまり五蘊場に残る思考、否、念が、

私に不思議な世界を見せて、光雲は時計回りに、そして反時計回りに巡るのだ。

 

それはオディロン・ルドンのモノクロの絵の一つ目の異形の者が

恰も俺の五蘊場に棲み着いてゐて、

その一つ目で、死人の頭蓋内の念を見てしまってゐるやうな錯覚を覚えるのであるが、

しかし、それはまんざら錯覚とは言へぬもので、

もしかするとそれは真実なのかも知れぬのだ。

 

それはあまりに幻想的で、また、幻視の世界が展開するのであるが、

それは念である以上、全てが真実である可能性はあり、また、真実かも知れぬのだ。

 

此の世に残した未練のやうなものが、

それを俺に見せることで、

俺に受け継いで欲しいとの念の強さが、

存在するのかも知れぬ。

 

それは例へばこんな風なのである。

ある人が亡くなったとき、俺は起きられずに朝方寝て夜まで寝てゐたのだが、

その時、その人がかねてより述べてゐた、

金色の仏像が砂のやうに崩れてゆく様を目の当たりにし、

それは、「虚体」を語れといふその人の念が

疾風怒濤の如く吾が五蘊場を攪拌したのである。

 

その渦動は、ぶつ切りの表象を吾が五蘊場に浮かべたのであるが、

それを繋ぎ合わせるとその人の生前に語ってゐた物語の最後の部分に当たるのであった。

 

これには、その時には驚いたのであるが、俺はその人に指名されてしまったことを自覚し、

しかし、その人の念を追って「虚体」では存在の尻尾すら捕まへられぬと観念した俺は

「杳体」なるものを考え出したのであるが、

それは別の作品に譲るとして、

吾が肉体は長患ひのために、死に一歩一歩と近づき、

到頭、死者の魂、いや、念の通り道になったのである。

 

それはそれでここといいと最近では思うまでになったのであるが、

絶えず死者がそばにゐるといふことは、実に気分がいいのである。

 

さうして今日もまた、死人の念が俺を通り過ぎる。

(Visited 1 times, 1 visits today)
...

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村