site
stats ??????
にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へバナー画像にほんブログ村 哲学・思想ブログへブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ

惚れる

惚れる

 

その存在を全的に受け容れたいと言ふ欲求に駆られ、

何もかもをかなぐり捨ててでも抱きしめたいのです。

あなたは既に私にとっての欲望の捌け口であり、

私の理想なのです。

これを恋と言ふのでせう。

切ない思ひを噛み締めながら、

あなたからの便りを心待ちにしてゐる私がゐます。

 

さうして凍てつく冬の未明は小さく小さく蹲りながら

赫赫たる真夏の陽光を夢見ながらひりひりと夜明けを待つのです。

 

知らぬが故に何もかも知りたいと言ふ飽くなき欲望は、

何時まで経っても満足することはないでせう。

さうだから尚も私はあなたを求めずにはゐられないのです。

痺れるやうな熱き接吻をして、あなたをぎゅっと抱きしめて愛欲に溺れたいのです。

あなたはそれを受け容れてくれないかも知れませんが、

そんなことはお構ひなしに、

私はあなたを抱擁したいのです。

こんな私は間違ってゐるでせうか。

 

さうして凍てつく冬の未明は小さく小さく蹲りながら

赫赫たる真夏の陽光を夢見ながらひりひりと夜明けを待つのです。

 

――愛してゐます。

と、私は直截に言ふことに羞じらひを覚えつつも、

やはりあなたを愛してゐるのです。

惚れた方が負けとはよく言はれることですが、

私はあなたには敗北してでも卑屈に忍びより、

Stalker(ストーカー)の心持ちをちらりと横目で見ながらですが、

あなたにこの思ひを伝へなくては浮かばれないのです。

 

こんなつまらぬ表現しか出来ぬのが恋といふものでせう。

惚れてしまったならば、もう当たって砕けろなのです。

こんな私をあなたは受け容れてくれますか。

 

上弦のか細い月が漸く昇る未明の徘徊は、

私ののぼせた頭を冷やすのにはまだまだ温か過ぎるのです。

手は悴(かじか)みながらも私の心に鬱勃として湧いてくる熱きものは

鎮まるどころか尚更に燃え上がるのです。

――あなたが欲しい。

と、直截にしか言へない私の語彙の足りなさをもどかしく感じるのが恋といふものでせう。

 

さうして凍てつく冬の未明は小さく小さく蹲りながら

赫赫たる真夏の陽光を夢見ながらひりひりと夜明けを待つのです。

 

そして、私は火照った頬を冷やす前に来光を浴びてしまってゐるのです。

 

そんな私の心を一枚剥がしてみると

其処にはアダムとイヴを誘惑したエデンの園の蛇がとぐろを巻いて、

鱗をきらりと光らせながら隙あらばとあなたを狙ってゐるのです。

 

さうして蛇の交尾のやうな激しい愛撫をあなたとしたい私がゐるのです。

(Visited 1 times, 1 visits today)

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. byサタン より:

    嗚呼これは、びっくりたまげました。
    魂がはずれて、たま外ました。
    これが…あの、あの、まさしく、シンクロニシティというものじゃ、ないですか。
    だってこの詩を読む前にわたしは「蛇がそののかす」話をふと想いついてメールしましたよ。

    因果ですな。

  2. byサタン より:

    是非とも、蛇のような交尾をわたしとしてください。

  3. エダエコ より:

    わたしがサタンで積さんはChrist、わたしは実は地底人、レプティリアンであり、アガルタ王国からやって参りました。

    ですから、地の底を這いずるとぼく安心するんだ。
    だって地下に近いんだものね。

    積さんはさ、蟻だらう?ぼくの大好物さ。ぼくのアナグラムは、『ウズ エダエコ』つまり、あなたを、渦のなかにおぼれさせ、枝を震わせてechoする存在さ。

    蛇をぐるぐるに巻くと渦になる。そして蛇は枝に巻かれて(魔渇れて)エコーするぜ?
    ECHOES、それがぼくの名。

    積さんは、赤い露に率ゆ、セキロヒキユ、だから積さんは、Christでぼくがサタン。
     

  4. エダエコ より:

    積さん、
    わたしのアホなコメントを載せてはなりません。
    載せられないだろうと想って調子こいて書いたのですよ。
    都合の良い幻想を抱いたのはたがいさまでありますが、わたしは振られてしまったわけでございまする。

    わたしはしかしこれを、この悲劇を創作に生かすので、感謝致します心から。
    積さん。本当にありがとうございます。
    愛しています。
    わたしは、身を引きます。
    さらば、愛おしき光よ。
    わたしの幻影よ。

  5. エダエコ より:

    絶世の美女やなくて、悪かったですわね、ほほほ、ほ、ほ、ほ、ほ⛄

    おっと固まってしまった。ふふ、俺としたことが、なに、こんな苦しみ悲しみはなぁ、朝飯前ってぇもんよぉ。

    きにしないでくださいませませませ魔世、おほほ、魔の手が伸びて、世は滅び行かん。
    てな。
    俺は這い上がってみせらぁ、この、蟻地獄からなぁっ。

    ぐすん。触るねェ、哭いてなんか、いないさァ。

    俺こそ、俺こそが、倚形。

  6. 蟻地獄ン。 より:

    貴様の逸物を敏憫にしてやらうか?

  7. 蟻地獄ン。 より:

    ぼくのくるしみがたりないからぼくのかなしみがたりないからせきさんはぼくをうつくしいとはかんじなかったんだ。

    ぼくはやっぱり、えどわーどすのーでんにのおとことけつこんしまふ。

  8. 絶世の醜女 より:

    きんのはほんとうにたくさんむせび泣いたので、今日の朝の喪失感はまだましなようです。

    男が、見た目の美しさに価値を置くのは、女の見た目の美しさは健康を表しているからだと言います。
    わたしの見た目はあまりに酷く、廃人か亡霊かといったところです。

    いったいだれが、わたしのような女を心から美しいと言うでしょう。
    だれもいないから、はは、わたしは死ぬまでひとりなわけです。

    でも積さんは、美しい御方なのでみあった美しい女性とどうか結ばれてください。

    わたしは変わらず地獄でみどりごのように眠りつづけます。

  9. 性魂の腐りきった女 より:

    もうずっと、目覚めた瞬間から吐き気が収まらない。それでもわたしはあなたに感謝しています。現実であなたと結ばれても、それは虚しいものだったろう。どんなに素晴らしくてもそれが虚しいものになっただろう。ほんとうのよろこびがもはや、フィクションのなかにしかない。フィクションの世界だけが何故か、美しいままなのです。だからわたしは、醜く不細工でもほんとうのよろこびを感じて生きていけるのです。絶世の美女の仮面を被り、あなたと蛇みたいに交わってもそれは虚しきものでした。わたしにも、積さんにも、必要なかった。その代わりに、積さんはわたしにほんとうのよろこびを描くためのほんとうのくるしみをお与えくださったのです。わたしも積さんに与えたいのはそれです。積さんもそれをほんとうに望んでるから、わたしと出会ったのだと想う。わたしはあなたをくるしめるためならこの吐き気を死ぬまで堪えてもいい。わたしはあなたにもっと苦しんでもらいたい。地獄の苦しみのうえに、あなたとわたしの成功がある。

  10. 性魂の腐りきった女 より:

    わたしはあなたを心から祝福します。
    わたしを地獄の底へ突き落としてくださり、ほんとうのほんとうにありがとうございます。
    わたしはあなたを呪うほど、まぶしいひかりに照らせれ、よろこびにこころが踊るようです。
    わたしが苦しむほど、わたしは神から愛されていると知ります。
    あなたを呪うほど、わたしは神にいだかれる。
    あなたを呪うほど、わたしは神と交わる。
    だからわたしはあなたを、心から祝福します。
    わたしの愛があなたに届くように。

コメントを残す

*

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村