site
stats ??????
にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へバナー画像にほんブログ村 哲学・思想ブログへブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ

揺れちゃった

揺れちゃった

 

浅川マキの歌が脳裡に流れる中、

仄かに揺らぐ吾の在所に

吾既に蛻(もぬけ)の殻

 

「揺れちゃった」といふ歌詞に

吾もまた揺れちゃったのだ。

陽炎が揺らぐやうに

吾から飛翔する吾の「本質」は

また、本質であることをはたと已めて

吾手探りで吾を求める

さう、既に吾盲人

 

何処に消えしか

その吾は果たして吾と呼べる代物か

 

「はっ」と自嘲の嗤ひを吐き捨てるやうに

天に唾するこの吾は

不意にさようならを言ふのであった

 

「バイバイ」

 

さういって此の世を去ったものに対して

吾は吾と何時迄言へるのか

そんなもの捨てちまえ、と君は言ふが

吾は吾なるものをどうしても捨てられぬのだ

 

さうして死後もこの世を彷徨ふか

それが吾の運命ならば

ギリシャ悲劇の主人公になった如く

悲劇の運命を微塵もずれずに

その生を生き切るのか

 

「嗚呼」と嘆く前に吾独りで時間を貪り食らふのだ

さて、その時に現はれしものを何と呼んだらいいのだらうか

 

 

 

喪服にて秋月夜のみ輝きし

 

漆黒の闇に消えにし吾が影は自由なる哉聞くはその跫音のみにて

(Visited 1 times, 1 visits today)
...

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村