site
stats ??????
にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へバナー画像にほんブログ村 哲学・思想ブログへブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ

月下の彷徨

月下の彷徨

 

かそけき月光の下、

物の淡い影の中を彷徨す。

その中はまるで暗渠の中のやうに

絶えざる現在が眼前に現はれては消え、

さうして時が移りゆくのであったが、

そこでは何ものも一斉に沈黙し、

押し黙ったまま、

いづれもが吾の中に蹲るのである。

 

だが、そのいづれもが吾を知らぬまま、

いづれもが見失った吾を求めて、

月光の下、彷徨ひ歩く魂魄の蝟集する場で、

――あれは……。

と吾の異形に遭遇してはびっくり仰天しながら、

吾を名指さずにはゐられぬのである。

 

その異形の吾が何事かを呟くと、

吾は聞き耳を欹て、

その言葉の一字一句も聞き漏らさぬやうにと胸奥がざわつくのだ。

 

さうして浮き足立つ吾は、

最早此の世の物とは思へずに、

唯唯、魂魄の一種になった心地がして、

何となく幽体離脱したやうな吾の存在の奇妙さに苦笑ひする。

 

しかし、最早吾が魂魄の如き物と化し、吾の中に幽閉された吾をして、

吾は憤懣を吾に向かってのみぶちまけるのだ。

さうしなければ、吾は吾の存在根拠を失ふもののやうに

吾は憔悴しきってゐた。

 

何故に吾はこれほどまでに疲労困憊してゐるのか

とんと思ひ当たらずに

しかし、実際に、始終憔悴しきってゐたのだ。

 

そんな時に吾の眼前に見え出す仄かに輝く光に導かれるやうに

月光の下、彷徨す。

 

季節柄、身を切るやうな朔風に頬を晒しながら、

それは魂がずたずたに切り裂かれるやうに

頬もまた、朔風が巻き起こす鎌鼬によりずたずたに切り刻まれる。

 

それがMasochisticな吾に綿菓子を与へる如くに

甘い蜜を吾に与へし。

 

その欲望のみで朔風吹き荒ぶ月下の下、吾、独り彷徨す。

さうして吾の欲望は日々一日とほんのちょっぴり吾を満たす日常を与へられし。

(Visited 1 times, 1 visits today)
...

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村