にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へバナー画像にほんブログ村 哲学・思想ブログへブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ

深淵を見下ろす

深淵を見下ろす

 

...
ネブカドネザル王

ネブカドネザル王

 

ゆっくりと渦巻くその中心には

底が見えぬ深淵が形成されてゐて

何故か私はそれを見下ろせるのです。

まるでそれはヰリアム・ブレイクの詩篇のやうな幻視の世界に呑み込まれたやうな世界だったのです。

ブレイクがabyssと呼んだであらう其処には苦悶するネブカドネザル王のやうな存在で犇めき合ひ、

存在の呻き声ばかりが腹の底に響き渡るのです。

 

その深淵は、しかし、私のみを呑み込まず、

それ以外のものならば何でも呑み込むやうなのでした。

私はそのabyssを覗き込みながら、

何故に苦悶する存在ばかりが其処に犇めき合ってゐなければならぬのか不思議なのでありました。

何故なら苦悶は私も同様にしてゐて、私こそはabyssに存在するべきものだった筈なのです。

それが私はそのabyssから疎外され、

独りabyssを見下ろしてゐなければならぬ存在であることに大層不満だったのです。

これは、しかし、私が傲慢だったのでせう。

私の苦悶は、abyssに犇めき合ふ存在に比べれば全く取るに足りぬもので、

どうでも良かったのかも知れません。

しかしながら、私の苦悶は、私の存在に大きく関はるものに違ひなく、

決してabyssに犇めく存在に引けを取らぬものと思はれたのですが、

まだまだ私は未熟もので、abyssに下れぬ存在なのかも知れないのです。

それはある意味で哀しいもので、

天地逆転した考へ方なのですが、

私こそabyssの住人でなければならぬといふ焦燥に駆られるのでありました。

 

つまり、私の思索はまだまだabyssに犇めくものたちに比べれば浅薄でしかなく、

私の存在の位置がまだ、その渦巻く深淵には足一歩たりとも入れぬものでしかなく、

つまりは、私なんぞは虱にすらも匹敵すら出来ぬ存在と言うことなのです。

これには臍(ほぞ)を噛む思ひなのですが、

しかし、そのabyssは決して私を受け容れないのです。

このまま未来永劫当事者になれぬ私と言ふ存在は、

世界外でしか存在出来ぬ哀しい存在でしかないのです。

直截に言へば私なんぞが存在する事自体が烏滸(をこ)がましいことだったのです。

哀しいです。

とても哀しいです。

 

ハラハラと頬を流れる涙は、

その深淵へと零れ落ち、

abyssは大雨となり大水が出て、其処で犇めき合ってゐた苦悶する存在は悉く水没するのです。

それで溺死するもので死屍累累となり、abyssは阿鼻叫喚の世界へと一変してしまったのです。

何て事でせう。

私の涙が死に死を呼ぶとは。

呻き声は更に大きくなり、

何だか其処は芥川龍之介の『蜘蛛の糸』の世界へと変貌したのか、

私に助けを求めてゐるのです。

これではいけないと私は左腕をそのabyssに投じたのですが、

Abyssに生き残ったものたちは私の手へと我先にと先を争ふのですが、

哀しい哉、私は非力で羸弱なため、たった独りの存在しか引き上げられないのです。

其処で引き上げようとしたのですが、吾も吾もと独り引き上げようとしたものの身体にしがみ付くものが続出したのです。

それでは私は引き上げられません。

しかし、よくよくabyssをみてみると唯、独り水没しながらも思索に耽り、

私の手などに目もくれぬ存在がゐたのです。

私は右腕をさっとそのものへと伸ばして引っ捕まへては、瞬時に引き上げ、

さうして、私は私の左腕を斧で切り落としたのです。

痛みで私は更に泣きくれて、

また、切り口から噴き出す血もそれに混じって

Abyssは血の雨の大水で地獄の様相を呈したのです。

 

私はたった独りの思索に耽るもの以外を選別してしまったのです。

何て傲慢な事でせう。

私は血が噴き出す左腕の血を止めるために切り口のところを紐できゅっと縛り付け、

然し乍ら、痛みで涙は止まらなかったのです。

さうしてabyssは更なる大雨が降り、1abyssのものたちは全て水没して死んでしまったのです。

すると深淵の渦は急速に回転速度を上げて、しゅっと何処へか消えてしまったのです。

かうして私は無数の死を背負った存在となり、

一方で私が引き上げた思索者は、終ぞ私には目もくれず、只管自身に耽り続けるのでした。

(Visited 1 times, 1 visits today)

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. こず恵 より:

    さっき言い忘れたのですが、わたしは悲しみがこの世で、もっとも美しいものであると感じています。

    悲しみは深いほど、美しいものです。

    おぞましく苦しく、哀しいAbyssに魅せられるのは、そこが何より、美しいからだと想います。

    限りなく深いです。どこまでも深いAbyssです。

    だから生命は、生きるべくして生きているんだと想います。

コメントを残す

*

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村