にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へバナー画像にほんブログ村 哲学・思想ブログへブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ

渇仰

...
渇仰

飢ゑてゐる時ほどに寒寒と身体が冷えつつも、
眼光だけは鋭く、
何ものも逃してはならぬといふ覚悟の下、
おれはまだ、それを渇仰してゐるのか。

...

それとは所謂、素顔のおれなのであったが、
そんなものは既に鏡越しに見ている筈なのであった。
しかし、乖離性自己同一障害といふ病にあるおれは、
その鏡に映るおれらしき面に唾を吐き、
けっ、と軽蔑の目を鏡に映る面に向けて
おれは素顔のおれを渇仰せずにはをれぬのだ。

何をしておれはおれと言ひ切れる状況へとおれを誘ひ出すことが出来、
おれをその時に捕獲することが可能なのだらうか。

いつまで経っても此の飢ゑに対して堪へ忍ばなければならぬこの身の哀れを
おれはおれを渇仰することでいつもそれを先延ばしにしてゐて、
鏡に映る醜悪なるそいつを直ぐにでもおれと認めれば良いのに違ひないのであるが、
いつまで経ってもナルキッソスにはなれぬおれは、
鏡に映るそいつをしておれだといふ事には本質的な抵抗感があり、
おれはおれを着ることに対して嫌悪を覚えてゐるのである。

ならばと、おれは鏡を抛り出しては、
おれといふものの素面の妄想に勤しむのであったが、
それは闇の中で進化を遂げた醜悪なる深海生物の妄想に等しく、
妄想の産物といふものが如何に醜悪であるかに関しては、
今更言ふに及ばず、
おれもまた、深海生物の如く異形の者として
此の世に屹立してゐるかもしれぬのである。

さっきからおれ、おれ、おれ、と言ってゐるそのおれは、
では一体全体何であるのかと問ふてしまふと、
それは野暮といふもので、
見事におれを逃がしてしまふおれは、
逃げゆくおれを追って頭蓋内の中では全速力で走ってゐるのであるが、
出口がない其処では、
きっとおれを捕まへられると
高を括ってゐるのであるが、
どうして、おれは金輪際、おれといふものを捕まへたことはないのである。

何故にかと言へば、
頭蓋内の闇、つまり、おれ流に言へば五蘊場は闇であり、
闇は無限を引き寄せる端緒になってしまふのである。
つまり、おれの素面は無限と言ふ広大無辺の中で自在に逃げ回り、
これまた金輪際、おれと出くはす馬鹿はせずに、
くっくっくっと気色悪い嗤ひ方をしながら、
おれの馬鹿さ加減を高みの見物を決め込んで見つめてゐるに違ひないのである。

そんなことには全く構はぬおれはといふと、
闇を木を彫るが如く彫りながら、何かの面を闇から彫り出すのであるが、
そいつがおれが待ち望んでゐたおれの素面とは限らず、
おれは陶芸家が失敗作を叩き壊すやうに
その闇を彫って出来た素面を叩き壊すのである。

さうして少しは鬱憤を晴らすのであるが、
肝心のおれの素面は一向に見つからず、
おれはのっぺらぼうとして此の世を彷徨ふ化け物の仲間入りをしてゐることに今更ながら気が付くのである。

早く人間になりたい、といふAnimation(アニメーション)があったが、
正しく現在のおれが現存してゐるのであれば、その言葉のままに存在してゐて、
おれは現在もまだ、人間になり切れぬまま、此の世を彷徨ふのか。

(Visited 1 times, 1 visits today)

Warning: extract() expects parameter 1 to be array, string given in /home/crimsonfox/ninetailsgoldfox.org/public_html/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/bzb-functions.php on line 314

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村