site
stats ??????
にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へバナー画像にほんブログ村 哲学・思想ブログへブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ

渺渺と

渺渺と

 

時に意識を失ふことがあるが、

その時の渺渺たる感覚は何処に源泉があると言ふのだらうか。

既に無意識なる言葉を信じてゐないおれは、

その時の意識状態を意識溶解と呼んでゐる。

 

何処までも膨張する意識と言ふのか、

其は何と呼べば良いのか。

敢へて言へば、其は無限に溶暗した意識。

 

――さあ、飛翔の瞬間だ。意識は肉体から溢れ出し、無限へと、渺渺と確かに存在する。其は無意識を食ひ破り、肉体の束縛を食ひ千切り、無限へと拡大膨張し、渺渺たる本源の吾を解放する。さあ、踊らう。夜が明け、意識が戻るまで。

(Visited 1 times, 1 visits today)
...

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村