site
stats ??????
にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へバナー画像にほんブログ村 哲学・思想ブログへブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ

溢れ出す死

溢れ出す死

 

これまで封印してきた死が溢れ出す此の世で、

これまで何の準備もしてこなかった現存在は、

愚鈍にものうのうと生きてゐるが、

死はいづれの存在の隣りにでんと構へてゐて、

ケラケラと嗤ってゐるのが解らぬ現存在は、

既に遠い昔から世人と化してゐる。

だからといって現存在は死に対して無関心であったわけではなく、

いの一番に己の死に対しては敏感で、

例へば己の死に対しては葬儀の準備に余念はなく、

既に己の人生の締めくくり方は決めてゐる。

 

しかし、現在溢れ出してゐる死は

あまりに凄惨で、また、不合理極まりない死であり、

悠長に自分の葬式の仕方を決めてゐる場合ではないのだ。

死体を何ヶ月も放置したまま晒してゐなければならぬ事態が着実に侵攻してゐるのだ。

 

この何をも呑み込む死の渦動の中に置かれし現存在は、

その流れに呑み込まれながら、煩悶し、

そして、断末魔の声を上げるのだ。

――何故、俺は殺されるのか。

と。

 

抜け目のない死神は、

今日も誰かの死を招来しては、

――うはっはっはっはっ

と、嗤ひが止まらぬのだ。

 

芸術的に現存在を殺すその手際の良さは、

自爆といふ傑作的な死に方を繰り返し、

最高の自己満足に浸る。

 

その狂信的な自爆といふ死に方に

意味を見出してしまったものに対して

何ものも最早それを食ひ止める手段はなく、

無辜の現存在は殺戮されるのを防ぐには、

自爆者を自爆する前に殺すしか方法はなく、

この狂信が齎す絶望の嵐は、

風雲急を告げ、暗澹たる気分が此の世を蔽ふ中、

死のみは生き生きとしてゐるといふ矛盾。

 

この不合理を何処にぶつけていいのか、

誰もが解らなくなり、

原理主義者といふ「主義者」が

自己顕示するべく、殺戮の嵐を呼んでゐるのだ。

 

嗚呼、といったまではいいのであるが、

その後の言葉は出ずに絶句するのみの状況下で、

誰もが甲高い声の断末魔を上げて死すのだ。

 

テロルの残虐性は言を俟つことなく、

語り尽くされてゐるが、

現実にテロルが頻発する世になるにつれ、

疑心暗鬼が此の世を蔽ふ。

 

さうして猜疑心に囚はれた現存在は、

テロリストの思ふ壺で、

紊乱を生み出すべくテロルを繰り返すテロリストは、

此の世の根底を覆すのが唯一の目的で、

目的のためなら手段は選ばせずに、

自爆することで、他者をも死へと巻き込むのだ。

 

ならば、テロリストを抛っておけばいいのかと問はれると、

答へに窮する俺は、

テロルとの戦ひを傍観してゐることで

それが平和なのかと不審に思ひ、

テロルと或る一定の距離を置くことが平和なのかと更に不審に思ふのだ。

 

今日もテロルで人が死ぬ。

さうして残されしものは、唇を噛んで歯軋りをする外ない。

これは果たして戦争なのか、と問ふことは愚問なのだ。

こちらが望むと望まざるとにかかわらず、

今もテロルが実行される。

さうして怨恨のみが此の世を彷徨するのだ。

(Visited 1 times, 1 visits today)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村