site
stats ??????
にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へバナー画像にほんブログ村 哲学・思想ブログへブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ

漠然と――ヘーゲルのまやかし

漠然と――ヘーゲルのまやかし

 

何故にそんなに漠然とした書きぶりなのか。

思考したものの外濠を埋めるやうにして攻め立ててゐるのかも知れぬが、

ヘーゲルの筆の走り具合が途轍もなく曖昧模糊としてゐるのだ。

それで何かを掴まへやうとしてゐるのかも知れぬが、

そんな手つきだと何ものも逃げ水の如く永劫に把捉出来ぬ墓穴を掘るのが関の山だ。

そんなヘーゲルを崇めてゐる輩は、その漠然としたヘーゲルの書きぶりに拐かされて御心酔なのだ。

しかし、それは結局、何ものも名指しせずに、

責任を取らずに逃げの一手を打ってゐるに等しく、

数多の紙面を割きながらちっとも腑に落ちぬその書きぶりは、

おれに読解力がないにせよ、

しかしながら、その内容の乏しさは、如何ともし難く、

目を蔽ふばかりなのだ。

結局のところ、ヘーゲルはその大雑把な論法で

あり得べきもない「真理」の幻を「真理」として看做し、

虚しく空回りする論理に溺れてゐるだけなのだ。

また、当時の例へば科学的な見解を子どもが何の疑ひも抱かずに信ずる如くに持ち出して語るその手法は、

疾に時代に堪へ得ぬものに成り下がってゐるのであるが、

何をしてヘーゲルを崇める輩は

ヘーゲルにそれ程までに心酔出来るのか不明なのである。

そもそもヘーゲルの手つきの曖昧さは、

己の思考に酔ったものの為せる技であり、

それが多分、人を惹きつけるのかも知れぬが、

もう、いい加減ヘーゲルの時代遅れの論理に

「真理」を見たなどと言ふ世迷ひ言を言ふのは已めてくれ。

ヘーゲルの思想は当時の時代と寝たために

今や完全に時代遅れの産物でしかなく、

仮に其処に辛うじて今でも通用するものがあったとしても

それは一部分のことでしかなく、

全体としてはもう完全に色褪せた思想でしかないのだ。

しかしながら、ヘーゲルに「真理」をみたなどと言ふ頓馬なことを言ふ輩は、

ヘーゲルと言ふ名前に呑み込まれてしまった、または、説き伏せられてしまった馬鹿者でしかなく、

現代の渾沌の中にあることで何が生れるか全く分からぬ一方でわくわくする時代の中で、

ヘーゲルの遣り口は、最早手も足も出ぬ負け犬の遠吠えにもならぬ知のお遊びでしかなく

ヘーゲルを読んで「難解」を読み解いたと言ふのは読み手の自己満足でしかないのだ。

これも偏にヘーゲルが時代と寝た思想家と言うことに尽きるのであるが、

時代の最先端を走る例えば科学的な理論も百年もすれば黴が生えた古くさいものでしかなく、

普遍を求めるのであれば、それはとっても個人的な思考でものを考へること以外なく、

他者が考へたものは端から信用してはならぬのだ。

(Visited 1 times, 1 visits today)
...

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村