site
stats ??????
にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へバナー画像にほんブログ村 哲学・思想ブログへブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ

蒼穹

蒼穹

 

雲一つなく、澄明な薄藍色に染まった蒼穹をおれは

脱臼しちまった双肩で担ぐ苦悶に身悶えしながら、

隣に偶然居合はせた赤の他人に愚痴をこぼしては、

湾曲した蒼穹のその撓みの恐怖に打ち震へる。

シーシュポスの如くその永劫に繰り返される業苦は、

しかし、おれが生きてゐる間は、それは誰にも代われるものではなく、

おれは世界を支へてゐる幻想に酔ひながら、

何万屯もある蒼穹を背負ひ続ける。

 

何がさう決めたのかなんてどうでも良く、

おれのこの業苦は、先験的なものに違ひないと端から思ひ為しては

――ぐふっ。

と咳き込みながら、確かに隣に居合はせた筈の赤の他人に愚痴をこぼしている。

 

蒼穹を背負ふおれの影は、地平線まで伸びてゐて、

おれも蒼穹に届くほどの背丈になったのかと

感慨深げに思ふこともなくはないのであるが、

しかし、そんなまやかしに騙されるおれではないのだ。

 

確かに

――重い。

といった奴がゐて、

それは偶然おれの隣に居合はせた赤の他人の言であり、

しかし、おれではないと思ひたかったのかも知れず、

また、おれは健忘症に既に罹ってゐたのかも知れぬのだ。

何とも便利なおれの意識状態ではあるが、

唯、蒼穹の眩い薄藍色に見とれ、惚けてゐたのは確かで、

そのずしりとした重さなんて、

蒼穹の美しさに比べれば、

何の事はないと思ひ込みたかったのかも知れぬ。

 

やがては必ず来るに違ひないおれの潰滅は、

一つの小宇宙の死滅であり、

おれが見てゐた蒼穹は、

永劫に此の世から失はれ、

しかし、倒木更新の如く、

おれが屹立してゐた位置に

必ずまた誰かが屹立する筈なのだ。

 

さうして、世界は受け継がれてゆき、

おれがかうして見とれてゐる蒼穹は、

何時ぞや誰かが見てゐた蒼穹とそっくりな筈なのだ。

 

かうして誰かの骸の上にしか立てぬ現存在は、

既に呪はれてゐて、

いつ何時殺されるのか解らぬのだ。

 

そもそも、現存在が此の世に育まれる受精時に

卵子も精子も無数に死んでゐて、

此の世に存在することは死屍累累の骸の上にしか立てぬといふことなのだ。

 

それでも蒼穹を担ぐおれは、

おれの位置を知りたかったのか。

それとも死者と語りたかったのか。

(Visited 1 times, 1 visits today)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村