site
stats ??????
にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へバナー画像にほんブログ村 哲学・思想ブログへブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ

闇の中の影踏み

...

闇の中の影踏み

 

...

夕暮れの中で自分から食み出してしまふおれは

夕日で矢鱈に長く伸びる影のやうに

どうしようもなく食み出た自分を追って

影踏みをする如くに歩を長く踏み出すのですが、

自分から食み出た自分はおれが一歩踏み出すごとに一歩逃げ行き、

何時まで経っても捕まらないのです。

 

自分との鬼ごっこほど屈辱的なものはないと知ってゐるおれは、

何時までも自分との鬼ごっこをしてゐる訳にも行かず、

――もうこれまで。

と自分に何時も感(かま)ける自分に忸怩たる思ひと恥辱を感じながら、

おめおめと自分から逃げ出すのです。

――いっひっひっひっ。

と嘲笑ふ遠目にゐる自分をそのままにしておき、

おれは夕暮れの中で、

酒をかっ喰らひ自分の恥辱と敗北感を酔ふ事で有耶無耶にし、

沈む夕日に瞋恚しては吾ながらまたもや自分を見失ふ事で事足りるのを善とするのです。

 

すっかり泥酔したおれは宵闇の中で、

一つの勾玉模様の光の球を見つけては

――ほれ、おれの魂が飛んでゐる。

ときゃっきゃっとはしゃいでは、

既におれからは食み出た自分がおれから憧(あくが)れ出てしまった事実に皮肉にも

――あっはっはっはっ。

と哄笑してみせては、

――それで善し。

と嘯いてみるのですが、

流石にそれでは胸が締め付けられるのか、

頬には涙が流れ落ちてゐるのです。

凍てつく冬の夜は底冷えして

おれは今南天を昇り行くシリウスの光輝に

――馬鹿野郎。

と罵っては、

憧れ出たおれの魂を喰らったかの如き錯覚に痛快至極と涙を流すのです。

それでも南天ではシリウスが高貴な光で輝くのです。

それには堪らずおれは

宵闇の中の月影もない中、

独りありもしない影踏みをまた始めるのです。

さうする事でおれから食み出た自分をまた、おれに呼び戻せるではないかとの一心で

無闇矢鱈にありもしないおれの影を踏み散らすのです。

西天では宵の明星が輝いてゐて、

くすくすとおれを嗤ってゐるやうなのです。

 

下弦の月が昇るまで、

おれは独りで闇の中、

ありもしない影踏みを続けるのでした。

 

【告知】

アメリカ時間の1月3日から5日間、詩集「しじま」のKindle版が無料キャンペーンで配信されます。興味のある方は是非お読みください。

(Visited 1 times, 1 visits today)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村