site
stats ??????
にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へバナー画像にほんブログ村 哲学・思想ブログへブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ

餓死

餓死

 

その小鳥は生まれつきの畸形で、

年を経るごとにそれは小鳥を蝕んでゐた。

その畸形と言ふのは身体の左半分がくしゃりと潰れたやうに

骨が畸形してしまってゐて、

左半分は異形のものとして存在してゐたのだ。

 

多分、遺伝子Level(レベル)の畸形だったと思はれるが、

それが最も顕著に表はれてゐたのは嘴で、

年年ずれが酷くなり、

餌を食べるのに不自由するやうになった。

 

何せ、左半分はくしゃりとと潰れてしまってゐて、

嘴が餌を啄めずに最早餓死するのを待つばかりであったのだ。

 

しかし、私はそんなことには全く気づけずにゐた。

一日中餌箱の前に畸形を免れた右足でのみ立ってゐて、

餌を啄んでゐるさまを見てはたらふく食っているのだとばかり看做してしまってゐた。

 

しかし、本当は、その畸形の小鳥は

最早餌を啄むことができないまでに畸形が進んでゐたのだ。

何故、それが解らなかったのか。

餌を目の前にしてその小鳥は食べられぬ悔しさに

忸怩たる思ひでゐたに違ひないのだ。

目の前にはたくさんの餌がありながら、

最早一粒も食べられぬ己のこの畸形した身体を

その小鳥は恨んだであろうか。

多分、受容してゐたに違ひないのだ。

既に最早自力で生きられぬ己に対して

そこ鳥は自身の畸形を恨む筈もなく、

それを受け容れてゐたのだ。

 

その小鳥は最早、鳴く気力もなかったのであらう。

或る朝、その小鳥は死体を晒してゐた。

身体を触ってみて初めて私はその小鳥が何にも食べられずにゐたことを知ったのだ。

 

何と言ふ残酷な自然の仕業。

と、そんなことを恨めしく思ったが、

生まれながらに畸形と言ふ宿命を負ってしまったその小鳥は

早くに死を受け容れてゐたのかも知れない。

 

畸形は進化することを受け容れた存在にとっては避けられぬもので、

骨に異常があったその小鳥は

左半分がくしゃりと潰れてしまってゐて、

見るも忍びなかったのであるが、

私は其処に私を見てゐたのかも知れなかった。

畸形のその小鳥はどの小鳥よりも可愛くて仕方がなかったのだ。

 

最早羽も畸形していて左の羽は広げることができずにあり、

逃げることすら出来なかったその小鳥は

何とも愛おしい存在なのであった。

 

しかし、何と言ふ不覚。

餓死で死なせてしまったことに対する吾が自責の念は、

最早、消ゆることはない。

私が生きてゐる限り、

その畸形と言ふ異形の存在は

吾が脳と言ふ構造をした頭蓋内の闇たる五蘊場に存在し続けるのだ。

 

その小鳥は未来永劫の自由を手にしたのか。

異形の姿からの解放を手に出来たのか。

 

その小鳥が自由に飛んでゐる姿を表象しながら

私は今日といふ日常を生きるのだ。

(Visited 1 times, 1 visits today)
...

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村