位置

 

珈琲を淹れながらもおれは絶えず空の重さを感じながら、

続きを読む