渇仰

飢ゑてゐる時ほどに寒寒と身体が冷えつつも、
眼光だけは鋭く、
何ものも逃してはならぬといふ覚悟の下、
おれはまだ、それを渇仰してゐるのか。

続きを読む