Realtime website statisticsrealtime web visitor analytics chat support

恐怖の春が巡る

恐怖の春が巡る   草木が一斉に芽吹き出す驚異の季節たる春がまた巡ってくる。 かう生命の力強さをこれ見よがしに見せつけられる春がおれは嫌ひだ。 冬の寒さに、唯、忍の字で辛うじて生を繋ぐ冬にこそ生の醍醐味があり、 その生が […]

Read More…

弾劾せざるを得ぬ吾に対して

弾劾せざるを得ぬ吾に対して   それは哀れみだったのか。 吾を弾劾せざるを得ぬおれは、 吾に対する哀れみを抱いて、 吾を徹底的に、そして執拗に弾劾出来ると言ふのか。 それは偽りの茶番劇でしかないのではないのかと言ふ疑念を […]

Read More…

鎮魂の儀

鎮魂の儀   彼の世の罵詈雑言の喧噪の中、 そいつがぽつりと呟いた。 ――僕の死に際して泣いてくれたものは皆無だった。 それが事の全てを物語ってゐてたのかもしれぬ。 そいつの呟きで これまで此の世に対して口汚く罵ってゐた […]

Read More…

兆し

兆し   朝日が昇る中、 西の空を見ると白色化した月が茫洋と沈み行く。 唯、それだけだけのことなのに とてももの悲しいのだ。 冷え込んだ真冬の朝のありふれた日常なのに、 ぼんやりともの悲しいのだ。 これは何かの兆しなのか […]

Read More…

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com