《世界》を握り潰す

思索に耽る苦行の軌跡

《世界》を握り潰す

2016年6月8日 思索、詩、アフォリズム 0

《世界》を握り潰す

 

彼はまんじりともせずに只管、眼前の闇を凝視す。

――何故か、《吾》が憤怒にあるのは!

 

さう自問せし彼は闇の《世界》を無性に握り潰したくて仕方がなかった。

 

――《世界》? 誰かに呉れちまえ!

 

《吾》ながら何故かをかしかったので、

思はず苦笑せし。

 

――かうして《吾》は滅んでゆくのか……。

 

彼はさう独り言ちて、

むんずと手を伸ばして

《世界》を握り潰せし。

そして、《世界》は憤怒の喚き声を発せし。

 

――何する《もの》ぞ。《世界》と呼ばれし《吾》は、お前なんぞに変へられてたまるか!

 

虚しき喚き声のみ残して《世界》は《存在》してしまった。

 

その時、《世界》は一言呻いたのだ。

 

――あっ、しまった。

 

かうして《世界》は《存在》を始めたのだ。

しかし、未だに《宇宙》は誕生せず。

 

後は「神の一撃」で、

《宇宙》が始まるのを待つのみ。

 

しかし、《宇宙》は産まれたがらず。

 

さうして《世界》は《宇宙》となって開闢せし。

 

再び、業の中に《世界》は堕ちし。

(Visited 43 times, 1 visits today)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村