Web Analytics

犇めく《もの》

犇めく《もの》

 

《吾》の内奥で犇めく《もの》どもは

一斉に美麗な声でマーラーの「大地の歌」のやうな歌を歌い出した。

 

それは余りに美しく、そして、余りにも哀しい歌詞で、

 

かう《吾》の内奥に響き渡るのだ。

 

――何たることよ。《吾》の羸弱なるその《存在》に対し、

《吾》は歌ふしかないのだ。

 

嗚呼、《吾》が《吾》に留め置かれる哀しさよ。

そして、現在にのみ放り出されし《吾》は、

未来永劫に亙り《吾》為りし。

過去も未来もともに反転可能な此の《世界》の有様は、

唯、《吾》を哀しませるだけなのだ。

何もかも流されるがいい。

しかし、時間はどうして流れゆく《もの》なのか。

《吾》を一人現在に置いてゆく。

嗚呼、《吾》が《吾》為る事の哀しさよ。

こんなに哀しいことはない。

だが、《吾》は尚も現在を生きねばならぬのだ。

其処は底無しの沼の如く何時果てるとも知れぬ深淵。

現在とは穴凹なのだ。

其処に貉の如く《吾》は生くるのみ。

生くるは孔への陥落、堕落。

さうして、《吾》は杭の如く現在に佇立し、

時空間のカルマン渦が派生する。

さうして《吾》は《吾》が作りしカルマン渦に呑み込まれるのだ。

 

嗚呼、こんなに哀しいことはない。

《吾》は《吾》為る事の哀しさは、

《吾》にしか《認識》出来ぬのだ。

さうして、《吾》は渦に呑み込まれ、

底無しのその孔に自由落下、若しくは昇天するのだ。

嗚呼、こんなに哀しいことはない。

《吾》が《吾》であることを知ってゐる《もの》は

全てその哀しさの深さを測りかねてゐる。

(Visited 5 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村 黙考のしじま