Web Analytics

無限を喰らふが

無限を喰らふが

 

此の渺茫たる虚無は何処からやって来たと言ふのか。

確かに無限を喰らった筈なのだが、

どうしやうもない虚無を埋めるには

無限を喰らったくらゐでは

埋めようもないのだ。

 

ならば、何を喰らへば

多少なりとも肚は膨らむのかと

自問するまでもなく、

此の《吾》を丸ごと喰らへば

少なくとも上っ面の満腹感は得られるのだが、

そんな事は逆立ちしても無理なのだ。

 

徐に大口を開けて欠伸をしてみたが、

何だかとてもをかしくて、

吐く息と一緒に無限は私の肚から漏れ出てしまった。

 

そして、眼前には涯なき無際限の《世界》が漫然と拡がってゐたのだが、

それを見た事でわなわなと震へ出したのは、

拙い事には違いなかったが、

でも無限はそもそも限りある《存在》には

恐怖の対象でしかない。

 

――ちぇっ。

と、舌打ちしてみたのだが、

その虚しい音が蜿蜒と

無際限の《世界》にいつ果てるとも知れぬ反響を繰り返し、

《吾》のちっぽけな有様に抗するやうにして

唯一人この無際限の《世界》に直立したのだ。

さうして崩れ落ちさうな己の心持を何とか支へる。

(Visited 4 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村 黙考のしじま