餓鬼

思索に耽る苦行の軌跡

餓鬼

2016年6月12日 思索、詩、アフォリズム 0

餓鬼

 

《吾》の内部に棲む餓鬼は何時も腹をすかしてゐるが、

しかし、餓鬼は《吾》が何を喰っても一度たりとも満足した事はない筈だ。

何に対して飢ゑてゐるかを、餓鬼はそもそも知らぬのだ。

ふん! 嗤ってゐるぜ、其処の餓鬼が。

「影でも喰らってゐろ!」

と、嘯く《吾》は、

餓鬼に対して知らぬ存ぜぬを決め込むのだ。

それと言ふのもそれが餓鬼に対する最上のもてなしだからだ。

餓鬼は放っておいても

食ひ扶持に困ることはない。

何故って、《吾》が《存在》する限り、

餓鬼はウロボロスの如く《吾》を喰らってゐれば

それで手持無沙汰は凌げるからな。

へっ。また嗤ったぜ。

――この餓鬼が! 早く《吾》を喰らって呉れないか。

さうすれば、《吾》は少しは気が楽になるのに。

 

《樂》は此の世の陥穽だった。

《樂》の上に胡坐を舁いて座ってみたが、

その居心地の悪さといったならば、

名状し難き不快なのだ。

しかし、不快は物事を変貌させる原動力になるから《樂》は已められぬのだ。

――ちぇっ、不快は餓鬼のげっぷだぜ。

しかし、げっぷはげろげろげ、だ。

さうして《吾》はやっとの事、呼吸が出来るのだ。

(Visited 37 times, 2 visits today)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村 Google Analytics Alternative 黙考のしじま