Web Analytics

妖精

妖精

 

彼女は不意に私の眼前に現はれて、

私を蠱惑の世界へと連れ去った。

何よりも彼女は私を官能的な仕草で誘惑し、

私はといふとその誘惑に素朴に溺れた。

何であらうか、

彼女は直ぐさま裸婦に姿を変えて、

私の唇に唇を重ねた。

私は彼女を撫で回し、そして、彼女の柔らかい胸を弄り、

さらには、太腿を撫で回した。

私が触れる度に彼女は喘いで、更に私を誘ふのだ。

彼女の秘めたるところは既に濡れてゐて、

いつでも私を受け容れる準備は出来てゐたのだが、

私はといふと小賢しくも彼女焦らすのだ。

さうすると、彼女は私の秘めたるものを強く握り、

さうして色っぽく嗤った。

 

――あなたはまだ、子どもね。可愛い。

 

と、彼女が私の唇を嘗めながら囁いたのだ。

 

私は尚も貪るやうに彼女の肉体を求めて、

なり振り構はず彼女を愛撫した。

すると彼女は笑ひ転げて、

私の秘めたるものを弄った。

さうして、有無を言はせず、

私のものを彼女に挿入し、

私の上へと覆ひ被さってきた。

更に、腰を振る彼女は、

更に喘ぎ声を上げながら、

私のことなど目もくれず、

独り、己の官能の愉悦に溺れてゐた。

 

――ああっ。

 

と一言喘ぐ度に、彼女はその姿の正体を次第に現はし、

真白き柔肌の妖精(ニンフ)へと変身を遂げたのだ。

 

私はといふと、何の事か理解出来ず、

しかし、官能が醸し出す愉悦に溺れた。

 

――ああっ。

 

彼女の其処はひくひくとひくついて、

私のものに吸ひ付き、

何やら官能的な香りを漂はす。

その香りにやられた私は、一気に絶頂を迎えて、射精した。

 

すると妖精はけらけらと嗤ひ、

しかし、顔を赤らめながら、痙攣してゐるやうにも見えたのだ。

 

彼女は私の子どもが欲しかったのか。

それとも単に誑かしたかっただけなのか。

しかし、そんなことなどどうでもよく、

眼前に横たはる彼女は、次第に真白き球体に変化し、

そして、何処にか消えた。

 

これ以来、彼女はたまに私の眼前に現はれては、私の精液を吸ひ取って

そして、姿を消すのだ。

 

しかし、これが夢だと言ふ証拠がないだけで、

何時も官能的な香りを残す彼女が妖精だと言ふ証拠もないのだが、

こんな私に都合がいい女は此の世に存在する筈がなく、

私はこれは白昼夢でしかないと割合割り切って生活してゐるのだ。

(Visited 5 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村 黙考のしじま