死を前にして

思索に耽る苦行の軌跡

死を前にして

2016年6月27日 思索、詩、アフォリズム 0

死を前にして

 

胸の奥底から息が吐き出されるやうに

どす黒い咳をするお前は、

もうすぐ死の床につく。

だからといって日常は日常のまま、のたりと過ぎて、

お前の風前灯火の命の輝きは今にも燃え尽きさう。

 

既に死相が浮かんでゐるお前の顔を見るのが辛くて、

もう正視は出来ぬお前の可愛い顔の二つの眼窩にぎらぎらと輝く目玉は、

一方的に俺の顔を凝視してゐる筈だ。

さうしてお前は可愛い顔で哀しく泣く。

それにもう応へられぬ俺の心持ちは、

己の死に対しては全く恐怖も未練もないのだが、

俺が愛した存在が死ぬといふことに対しては何と脆弱なものなのか。

 

さう哀しい声で泣くな。

お前もまた既に肚は決まってゐて、

唯、俺と別れる哀しみに泣いてゐるのだらうが、

夕闇に消えゆくお前の姿が、お前の来し方を予兆してゐる。

 

何がこんなに哀しいのだらう。

一つの命が此の世から消えるといふことは

唯の化学反応の帰結に過ぎぬかも知れぬが、

いくら《念》が未来永劫に残ると看做してゐても

肉体が消えゆくその愛する存在が恋しくて

俺は泣く。

 

あと何日お前とゐられるのだらう。

その日が来る覚悟はしてゐても

どうしても辛いのだ。

 

さあ、お前を抱いて

今生の愛撫をしようか。

(Visited 21 times, 1 visits today)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村 Google Analytics Alternative 黙考のしじま