盈虚

思索に耽る苦行の軌跡

盈虚

2016年6月27日 思索、詩、アフォリズム 0

盈虚

 

月あらば、人ありき、か?

雲間にその顔を仄か出す青白き太陽光を反射する月の面は、

私をかぐや姫の如くに月へと誘ふ。

 

――何を詩情に浸ってゐるのか! 人なくとも月ありきさ。人の存在なんぞ、芥子粒の如きと遙か昔より言はれてゐるではないか。人の存在を云々する以前に世界の不合理を暴く事が先さ。そら、月が盈虚して嗤ってゐるぜ。

(Visited 39 times, 1 visits today)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村