遠吠え

思索に耽る苦行の軌跡

遠吠え

2016年6月27日 思索、詩、アフォリズム 0

遠吠え

 

何に呼応してお前はさうして遠吠えをしてゐたのか。

真夜中に何ものに対してか遠吠えしてゐたお前は、

きっと幽霊でも見ちまったに違ひない。

 

ゆらりゆらりと暗闇に揺れる幽霊は、

しかし、何とも可愛らしいぢゃないか。

幽霊がおどろおどろしいのは間違ってゐるに違ひない。

何故って、お前が遠吠えして呼んでゐたものが

おどろおどろしい筈がないぢゃないか。

 

さうして幽霊を呼び寄せて、来世について感じ入ってゐたお前は、

しかし、死へと余りに近付き過ぎてゐて、

儚い命を燃やし尽くしてしまったのだ。

 

遠い昔の先祖の血は抗へぬと、

さうして遠吠えしてゐたお前は、

闇夜に己の存在を主張してゐたといふのか。

そんな薄っぺらことをする筈はないとは思ひつつも、

遠吠えせずにはをれぬお前の焦燥は、

何とも可愛らしいかったのだ。

 

しかし、最早限りある命を燃やし尽くさうとしてゐたお前は、

此の世でその遠吠えをすることで

己の存在が幽霊でないといふことを確認していたのかも知れぬ。

 

生と死の狭間に行っちまったお前の遠吠えは、

何時までも俺の胸奥に響き渡り、

残されるのだ。

そんなお前の残滓に涙する俺は、

お前の遠吠えの空耳を聞きながら

お前が此の世に存在したことをしっかと胸に刻みつけ、

俺は今日も夜更かしをして、煙草を吹かすのだ。

(Visited 8 times, 1 visits today)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村 Google Analytics Alternative 黙考のしじま