Web Analytics

時間の矢なんぞ嘘っぱちである

時間の矢なんぞ嘘っぱちである   時間を特別扱ひして、 それが虚時間だとしてもその有り様は一次元に収めてしまってゐるので、 其処から時間は”時間の矢”として表象されるのであるが、 時間は経過した差異により数値化される。 […]

続きを読む…

乖離性自己同一障害といふ病

乖離性自己同一障害といふ病   おれと言ふことに途轍もない屈辱を感ずるおれは、 もう手遅れに違ひない。 それを仮に乖離性自己同一障害と名付ければ、 この病はキルケゴール曰く処の「死に至る病」の変種に過ぎぬのかも知れぬ。 […]

続きを読む…

焦燥

焦燥   何をそんなに急ぐ必要があるのか。 此の焦燥感は何ものも留めることはできぬのか。 それとも、このおれと言ふ存在に我慢がならぬのはまだ善としても、 おれが焦燥感に囚われて、 無鉄砲なことを何時しでかすかと杞憂に囚わ […]

続きを読む…

悲歌

悲歌   ちっとも哀しくないのに 頬を流れる涙は塩辛くて、 切なさばかりが際立つ。   何故泣いてゐるのか さっぱり心当たりはないのであるが、 さうしてゐても夕日は沈んでゆく。 たゆたゆと夕日は沈んでゆくのだ。 […]

続きを読む…

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村 黙考のしじま