悲歌

悲歌

 

ちっとも哀しくないのに

頬を流れる涙は塩辛くて、

切なさばかりが際立つ。

 

何故泣いてゐるのか

さっぱり心当たりはないのであるが、

さうしてゐても夕日は沈んでゆく。

たゆたゆと夕日は沈んでゆくのだ。

 

その景色は唯唯美しく、嗚呼、と声を上げるほどに美しい。

ぽっかりと浮かんでゐる雲は、

赤外線によって茜色に染められ、

たゆたゆと流れゆく。

 

何がそんなに哀しいのか、

頬を流れる涙は塩辛くて、

おれをたゆたゆと流すのだ。

 

おれは雲と一緒にたゆたゆと何処へとも知れずに流れゆく。

流されちまったおれはどうしてとっても哀しいのか。

風来坊を気取ってゐたおれは、

たゆたゆと流れるおれに執着する筈もなく、

流されるままであって欲しい筈だが、

哀しいのだ。

何てこった。

この哀しさはおれの奥底に何かが触れちまった証左に違ひない。

それはこのたゆたゆと沈みゆく夕日かな。

自然はそもそも哀しいのかも知れぬ。

彼方此方で哀しみの涙と嗚咽が満ち溢れてゐるやうに

この風情は荘厳なのだ。

 

ほら、また泣き出しちまった。

何がそんなに哀しいのかな。

(Visited 4 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村