月別: 2017年6月

思索に耽る苦行の軌跡

傷 鋭い犬歯で剔抉された中指上部の傷から どくどくと血が溢れ出すのを目の当たりにしたおれは、 それが将にこのおれに相応しい傷として 目に焼き付けるほどに凝視す。 その深い傷は、中指ばかりではなく、 おれの心も剔抉したのだ…
もっと読む


2017年6月26日 0

曖昧なるものの影は

曖昧なるものの影は   うっすらとその姿を仄めかしてはゐるが、 あるともないとも判断が下せぬそいつは、 然し乍ら、多分、存在するのであらうが、 曇天の雲を切れ味鋭い日本刀で切り裂くやうにして、 そいつは、雲間に青空を齎す…
もっと読む


2017年6月11日 0

理不尽

理不尽   問答無用に、また、何の悪びれる様子もなく、 つまり、眦一つ動かすことなく、 壊れた機械をうち捨てるやうに 私の首を切ったあなたは根っからの商売人で 『無駄』と思ったものは 片っ端から切り捨てて、 それでも泰然…
もっと読む


2017年6月10日 0
WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村