「自分らしく」に潜む欺瞞性

 

「個性、個性」と叫ばれて喧しいが、

個性なんぞが人間にある筈がない。

人間が、例へば犬になるのであれば、それは個性であるが、

しかし、人間が人間である以上、其処に個性なんぞある筈はない。

つまり、「個性」と言はれてゐものは欺瞞でしかなく、

それは「個性的であれ」と叫んでゐる人間の

如何に没個性的であるかを見れば明らかだ。

ここで、Fashionと言挙げするものがゐるかも知れぬが、

其処に個性を見てしまふから個性は欺瞞なのだ。

Fashionに対して「個性的」といふものほど没個性的な人間で、

其処に才能を見るのであれば、Fashion leaderと言はれるものは、

己が如何に没個性的であるのか知ってゐるものなのだ。

それ故に「個性的であれ」と叫んでゐるもの程、

どれ程、没個性的であるのか、知ってゐなければ、

「個性」と言ふ言葉に踊らせて、

「自分らしく」といきり立って、更に没個性の土壺に嵌まるのだ。

個性的なものは、もともと個性なんぞにこだはってをらず、

さういふものは、端倪すべからずものなのだ。

それでは聞くが、存在にそもそもと個性があるかい?

存在を思索すればする程、其処には最早個性などなく、

人間存在は没個性で、其処に個性を持ち込むと、

そもそも存在論は複雑怪奇なものになざるを得ぬのだ。

それでも尚、「個性」を強調したいのであれば、

それは人間を已めればいいことに過ぎぬ。

人が「個性」と呼んでゐるものは、所詮、《他》との微妙な微妙な差異でしかなく、

そんな差異で自己満足してゐる輩は、

とてもぢゃないが、個性から一番遠い処に存在するものだ。

人が「個性」と口にする度にそれを疑へ。

個性的な人間程、没個性の象徴でしかなく、

其処に仮に個性を見出せても、

それは《他》とのほんの僅かな「ずれ」でしかなく、

そんな差異を競ふことの虚しさは当の本人が一番よく知ってゐる。

若人よ、「個性」なんぞの言葉に脅されること勿れ。

「個性」とは極論すれば、五十代以降に自づから醸し出るもので、

若人にそんな器量がある筈がないのだ。

存在論的に見て個性ほど不確かなものはなく、

如何に自己との対話に沈潜してきたか、

これのみが三十代以降の生の濃淡を決定する。

それは簡単に答へは見つからぬが、

人生とはいづれも回答不可能なことばかりで、

その鬩ぎ合ひの中にこそ個性は表はれ、

さうして壮年に達するとその人の深浅がはっきりと解り、

それ故に、濃密で深みのある存在になるべく、人は須く没個性的であれ、と言ひたい。