ゆるして

 

――ゆるして。

かう書き残して虐待死した幼児の

その小さな小さな小さな胸に去来したものを

果たして抱へられ得る現存在がどれ程ゐるのか不明ではあるが、

唯、死を以てしてもその願ひは叶ふことなく、

決して赦されることがなかった其の幼児の思ひは、

《他》を殺すのにドストエフスキイではないが、

芸術的な才能を発揮する人間の心に対して

何かしらの楔は打ち付けることは出来たのであらうか。

いやいや、それで人が人に成り得たら勿論それに越したことはないが、

人は人を殺す時に一番の才能を発揮する愚か者故に

人は《他》をじわじわと痛めつけて

ゆっくりとゆっくりと死へ追ひやるその残酷さは、

人が人である以上、直る筈もなく、

更に人は《他》を殺すことにおいてその残酷さに磨きをかけて

芸術の域に達する程に高めなければ決して満足せず、

尚のこと、人は《他》を嬲り殺すのに手練手管を尽くして

死の好事家たる人間は、それでも

――ゆるして。

と書き残して死に追ひやられた幼児の思ひを

少しでも軽くしようと祈るのであるが、

それが全く幼児の思ひと不釣り合ひなことは絶望的に明白で、

死しても尚、決して赦されなかった幼児の思ひは、

まるで白色矮星の如く途轍もない重さを持って

此の世に未来永劫縛り付けられ、

浄土へ向かふ気力すら剥ぎ取られて、

只管、その場に留まって赦されるのを唯唯、待ってゐるのだ。

その幼児の思ひを直接的に受け止めるには

自らBlack holeに飛び込み、

Black holeのとんでもない重さを抱へ込むに等しい振舞ひしかなく、

自ら四肢を引き裂かれる痛みを知ることでしか

死を以てしても赦されなかった幼児の絶望は知る由もない。

だからといって死した幼児に対して涙を流したところで、

それは幼児に対して何にもならず、

それは涙を流す本人がその無力を嫌といふ程に知ってゐるのであるが、

その幼児は今も尚、赦されることのみを欲して泣いてゐるのだ。

其の思ひを解きほぐせる存在には、果たして神のみなのか。

それこそ不合理といふものであり、

死しても赦されなかった幼児の

唯唯、その小さな小さな小さな胸に去来する思ひで、

果たして此の世の森羅万象を赦す時は来るのであらうか。