孤独を嗜む

 

でっち上げた虚構といふ過酷な世界に《吾》を放り込んで、

あれやこれやと《吾》をいびりながら、

《吾》が不図漏らす呻き声に耳を傾ける時、

俺はブライアン・イーノの音楽を流すのが流儀で、

ざまあ見ろ、と《吾》にあっかんべえをして、憂さを晴らしてゐると言ふのか。

しかし、さうせねば、一時も一息すらつけぬおれは、

多分、《吾》に甘えてゐるに違ひない。

何とも難儀な気質なのであるが、

おれは《吾》をいびらずしてはゐられぬ。

さうせずば、安堵出来ぬおれの正体は、

Sadisticな顔をした《吾》虐めに長けただけの

寂しい男に過ぎぬ。

然し乍ら、おれの悪癖は歯止めが効かぬ処。

おれはこれまで何人もの《吾》を虐め殺してゐて、

それはおれによる私刑でしかないのであるが、

その時の恍惚は得も言へぬもので、

おれは《吾》殺しが已められぬのだ。

アルコール中毒患者のやうに震へる手で、

おれは《吾》を殺す快楽に溺れ、

その血腥い手が放つ臭ひに陶然とし、

さうして酔っ払ふのだ。

吸血鬼の如く更なる《吾》の血を求めて

おれは、おれの内部に《吾》が産み落とされる度に《吾》を殺す。

その手捌きは芸術的に美麗なもので、

《吾》を次第に断崖へと追ひ詰める時間の充実ぶりは、

孤独を嗜む上で必要不可欠のものと言へる。

嗚呼、俺の内部に死屍累累と堆く積まれた《吾》の亡骸共よ。

何時までも何時までもそのどす黒い血を流し続けてくれ給へ。

その血を呷ることでしか生を繋げぬおれは、

哀しい生き物に過ぎぬ。

孤独を嗜むには、

さうやって《吾》を私刑し、いびり殺しては

その血を呷る覚悟が必要なのだ。

それが出来ぬのであれば、

孤独などに関はらぬことに限る。