穴凹

 

黄泉の国が出自のものたちがゆらゆらと揺れてゐる。

彼らは既に自分の居場所を見失ってゐて、

行燈の如く淡く光を放ちながら、

己の肉体を出たり入ったりを繰り返し、

さうして黄泉の国に流れてゐる時間を計ってゐる。

その計測はすこぶる正確で、殿上人も思はず舌打ちしながら、

――う~ん。

と唸り声を上げ、

彼らのその振り子運動を両手を挙げて賞賛するのであるが、

さて、そんな中、おれはいふと、

生きてゐるのやら死んでゐるのやら覚束なく、

おれもまた、その足は薄ぼんやりと発光させながら

最期は闇の中へと消えゆく運命が近付きつつあるのを、

わくわくしながらおれが闇に完全に呑み込まれる姿を想像しては、

――これで無限へと昇華出来る。

と、歓喜に打ち震へてゐるのである。

然し乍ら、黄泉の国が出自のものたちとおれの差異は、

月と太陽程の違ひがあると思ひたいが、

実際のところ、それはどんぐりの背比べでしかなく、

生者と雖も常時片足を棺桶に突っ込んでゐて、

また、さうでなければ生そのものが成り立たない。

ならば、自分の居場所を見失ったものたちをせせら笑へるお前は、

果たして出自が黄泉の国とはっきりと否定出来るのか。

此の世といふものは圧倒的に死者の数が多く、

生者は圧倒的少数派に過ぎぬのであるが、

さうであるにもかかはらず、生者は此の世を我が物顔で闊歩してゐる。

その傲慢さが鼻につき、

既に死臭を放ってゐるのにも気付かずに、

生者は不意に死ぬのが関の山。

何処を見回しても死者ばかりの此の世の有様に、

全く驚かない生者の滑稽な事よ。

有限と不連続に、然し乍ら、その隣に無限が存在するように、

生者と不連続に、然し乍ら、その隣には死の深淵の穴凹ばかりが存在する。

生者は何時その穴凹に落ちるとも知らずに、

――はっはっはっはっ。

と、哄笑する生者の無邪気な様は、

喜劇といふよりも、もう悲劇でしかない。