逆巻く憤怒

 

何故、こんなにもおれは、おれに対してどうしようもない憤怒が湧き上がるのだらう。

この憤怒はおれが此の世に存在する以上、消えることはないのか。

それ以前に、おれは何に憤怒していると言ふのか。

それすらも解らぬままに、おれはおれに対してあらぬ嫌疑をかけながら憤怒してゐる。

唯、解るのは、おれといふ存在が決して許せぬおれは、

それだけでも頭に血が上り、おれに対して理不尽にも途轍もなく憤怒するのだ。

短気は損気とはいふが、この憤怒だけは湧き立つのを止められぬ。

それは、多分に近親憎悪に似てゐて、その闇は途轍もなく深いに違ひない。

余りにおれに似てゐるが故におれはおれが嫌ひなのだ。

これは特段に驚くべきことでもないが、

おれの執拗さが異常なのだ。

 

何処までもおれはおれを追ひ詰めなければ気が済まぬ。

さうしてやっとのことおれはおれの均整を保ってゐるのだ。

心の均整といふものを。

此の世に独りで佇立することを選んだおれは、

どうしようもない憂鬱を抱えながら、

只管におれを追ひ詰めながら、

溜飲を下げてゐるだけなのかも知れぬが、

そんなことでもしなければ、

おれはおれが此の世に存在することを断じて許せぬ。

何故、断じて許せぬのかは、本当のところ判然とはせぬが、

唯、言へることは、おれがおれであることがどうしても受け容れられるのだ。

 

世界を見渡せば、ぶつぶつと囁いてゐる存在達の不平不満の声が聞こえるだらう。

其処の物陰でひっそりと存在する名も知れぬ草花たちの不平といったら、

聴くに堪へぬもので、その罵詈雑言といったら目も当てられぬ。

また、重力が発してゐるのか、

この苦悶に満ちた呻き声のやうなやるせない呟きは、

何をも引っ張り込んでしまふ宿命を受け容れられずに、

重力ならではの在り方に疑念を抱く重力は、

然し乍ら、重力の宿命に少しでも憩ふ

此の世の存在達の在り方に途轍もない絶望を見てゐる筈だ。

 

其処に石ころも己の存在に恥ぢてゐるに違ひない。

先づ、何故に己は石ころなのか堪へられぬ筈なのだ。

それで其処の石ころは、石ころであることをぢっと堪へるしかない。

さうしながらも石ころは何かに変はるべく、ぢっと念じてゐる。

己が変はるのに何万年かからうが、

其処の石ころでさへ、重力の宿命の中、己の存在に憤怒してゐるに違ひない。

 

それ故に、おれがおれに対して憤怒しないといふことは

そもそもあり得ぬことなのかも知れぬ。

ならば、おれはこのおれの逆巻く憤怒を持ち続け、

おれもまた、何ものかに変化する夢想を念じながら、

憤怒を力にこの重力に縛られた存在を我慢し、

おれは此の世で一番嫌ひなおれを宥め賺しながら

この存在をぢっと堪へるしかないやうだ。

 

それでいいぢゃないか。

と、思へるまでにはまだまだおれの心の鍛錬は不足してゐるが、

しかし、この世の中で一番憎いおれに対してのおれの在り方は、

唯、端座してゐればいいのかも知れぬ。