風に棚引く柳の枝のやうに

 

何処からでも吹き込んでくる風に対して自在に振る舞ふその柳の枝の柔軟さが、

どうやらおれには決定的に欠落してゐる。

風と戯れながらも自然と遣り過ごしてしまふ柳の枝に感心しきりのおれは

己は羸弱でか細いながらも大木の如くに

此の世に屹立することが

己の存在を証明する唯一の方法と長らく思ひ込んでゐたが、

どうやらそれは大いなる誤謬で、

揺られることに快楽を見出さずば、

此の世で生きるなんてたまったもんぢゃなく、

不運極まりない逆風をまともに食らって

おれは己自身を此の世の襤褸雑巾同様の何かに見立てて、

己を鬱状態の中で、

その傷を嘗めながら此の世を憤怒で恨み通すに違ひなく、

それの何と理不尽なことよ。

それでは此の世に全くおれは顔向けが出来ぬではないか。

己ばかりが可愛くて、

此の世に恨みしか抱けぬ途轍もなく狭量なおれといふ存在は、

柳の枝の如くに何もかも戯れながら遣り過ごす境地に絶対に至らぬであらう。

逆風にまともにぶち当たっても、

それを振り払へるだけの器量がおれにあれば、

また、事は違ふのであらうが、

おれにそんな器量は微塵もなく、

逆風にまともにぶつかれば、

づたづたになるだけで、

それで負った傷が癒えるのに長い長い年月が必要な筈なのだ。

涼やかな風が吹き、

柔らかな柳の枝はさわさわと音を出しながらゆらりゆらりと揺れて

宙でにこにこと笑ひながら嬉嬉としてゐるに違ひない。

その余りに軽やかな物腰におれは頭を垂れる思ひがするのであるが、

風に柳とはよく言ったもので、

それが出来ぬおれは、

屑同然の存在でしかなく、

――おれはおれは!

と、此の世に対して自己主張してゐるだけの虚しい存在のおれは、

事、此処に至って初めて思ひ至る馬鹿者でしかないのであるが、

そんな大馬鹿者すら何の文句も言はずに受け容れてくれる此の世に対して、

おれはおれに対してどうしようもない憤怒の炎に駆られて、

魂魄の自傷行為を繰り返しながら、

何時かは己の魂魄を剔抉して

その内部にヘドロの如くに沈殿してしまった

邪な思ひを

全て魂魄から吐き出しして、

清澄な心持ちで静かに過ごしたいだけなのであるが、

慌ただしい此の世の時勢がそれを許さず、

時時刻刻と異様に臍が曲がった邪な沈殿物がこのおれの魂魄には溜まって行くのみなのだ。

その魂魄に唆されて、

おれはまたしても今も尚、おれを憤怒の怒りに駆られて

おれをいたぶり続けるのだ。

さうしてやっとのこと、おれはおれの心の均整を保ちながら、

くっと歯を食ひ縛りながら、

――おれは!

と、ぼそっと呟きながら、独りで此の世に屹立してゐるやうな心持ちでゐるのであるが、

そんな矜恃は憤怒の炎で焼き切ってしまって、

今直ぐにでもおれの魂魄を剔抉して

邪な意思の沈殿物の残滓を洗ひ流し、

もっと心が解れて、

柔和な心持ちで

何が起きても穏やかに対処出来るやうになればいいのだが。

然し乍ら、もう数十年もの間、

只管、歯を食い縛って生きてきたおれは、

さう簡単には変わりやうもなく、

どうしてもこのおれに染み付いてしまった生き方に、

真っ向から反対する生き方は、

どうしても受け容れ難く、

魂魄からのおれの変容は、

望むべくもなく、

唯、かうして柳の枝を見て、

羨ましながら、地団駄を踏むのが落ちで、

柳の枝を見るのは気恥ずかしいだけなのである。

それでもおれは

――おれは!

と、此の世に対して怨嗟の声を上げながら、

独りでドン・キホーテの如くに

夢現に誑かされながらも、

それでも眼前に現はれてしまった「敵」に対しては

おれが生き残るために徹底的に殲滅しなければならぬのだ。

さうして柳の枝の高笑ひが聞こえ、此の世に高らかに響くのだ。