物憂げな日も喰らふ

 

何をする気力も湧かなくて、

只管、一所に座り続けるのみの物憂げな日も

おれは生にしがみつくやうに喰らふ。

さうすることでやうやっと死の誘惑に抗ふ外ない苦悩の日日は

かうして何日も続くからには違ひないのであるが、

おれは、この物憂げなものがおれの心を日日、蝕んで行くのを堪へねばならぬので、

おれは無理してでも喰らふ。

さうして気力が失はれて行くのを阻むが、

さて、困ったことに物憂げな心持ちに日日蝕まれて行くおれの心は、

生きることそのものに対して萎え始め、

おれは気のせいか、次第に死臭を発し始めるのだ。

そんな時は、座視して死を待つのみの物憂げな日日を

なんとか遣り過ごさうと唯、味のしないものを夢さぶるやうに喰らふ。

どうしてこんなにも砂を喰らってゐるのと同然なのに

おれは奥歯をガリガリと軋ませてものを喰らふことで、

死神にあっかんべえをしてみるのだが、

それも束の間の慰みにしかならず、

このどうしようもない物憂げな日日の終はらないことに

心は、生きようとする意思は、既に完全に物憂げな心持ちに蝕まれ尽くされて、

既におれの八割は死んでゐるも同然なのだ。

ゆるりと流れる水に揺れる水草に

生を見たのかも知れぬ彼女は、

クスッと笑ひ、

美しい横顔をおれに見せては、

「意識の無限性」

などとおれに問ふては

おれを面食らはせてみせて

また、クスッと笑ひ、

おれを煙に巻くのが大好きだった。

そんな彼女に振り回されるだけ振り回されて、

おれは彼女を救へなかったのだ。

彼女は突然自死してしまった。

そんな思ひ出も遠い昔の出来事として

おれの胸に去来しなくもないが、

ゆるりと流れる水に揺れる水草に

生を見たのかも知れぬ彼女は

自然のRhythmに溶け込みたかったのかも知れぬが、

それが出来ずに底無しの泥濘に嵌まってしまったのかも知れぬ。

自然にも見放されたのかとの思ひを強くした彼女は、

おれの懊悩を傍で見ながら

この物憂げは一生消えぬとの覚悟の末の自死だったのだらう。

しかし、ゆるりと流れる水に揺れる水草は、

一見優雅に見え、自然のRhythmに溶け込んでゐるやうでゐて、

必死に生きてゐたのだ。

彼女はそれすらをも見逃してはゐなかった筈だが、

思慮深い彼女は、それに絶望したのかも知れぬ。

ゆるりと流れる水に揺れる水草は

人に呪ひをかける悪魔の申し子だったのかも知れぬ。

さあ、今日も喰らふのだ。

この物憂げな日日が終はるまで、

砂同然の味気ない食べ物を、

奥歯を軋ませながら喰らふことで、

おれはやっとのこと今日といふ一日を生き延びる。

さうして明日の絶望を生き延びるのだ。

おれも何時しか、ゆるりと流れる水に揺れる水草のやうに

一見優雅に、そして、自然のRhythmに溶け込んだ風にして

この絶望の日日を生き抜く覚悟だけはあるのだ。