作者別: 積 緋露雪

思索に耽る苦行の軌跡

惑溺

惑溺   女との性交に溺れる事に飽きた《吾》は、更なる惑溺出来る媚薬を探すのか。   ――本当か? ただ、性交してゐる《吾》に対する客観的な視点が湧きでてしまふ《吾》に幻滅してゐるだけだらう?   眼…
もっと読む


2016年6月11日 0

泥沼の猜疑心

泥沼の猜疑心   それは何処までも行っても切りがない猜疑心であった。 《吾》が一度《吾》に対して猜疑を抱くと その蟻地獄から抜け出せないのだ。   「ずばっずばっ」、と蟻地獄がその深淵の底から《吾》を 喰らふた…
もっと読む


2016年6月11日 0

地獄再生

地獄再生   永らくその《存在》に対して万人が白い目で見てゐた地獄が遂に再生した。 そもそも地獄なくして、此の世に《生》を継続させることには無理があり。   地獄が復活したならば、それは《吾》の自意識が、若しく…
もっと読む


2016年6月11日 0

森羅万象の苦

森羅万象の苦   何処からか何《もの》かの懊悩の声が絶えず聞こへて来る此の世において、 森羅万象はその懊悩の声に呼応するやうに己の《存在》の有様に呻吟する。   ――何故、《吾》は《存在》するのか? &nbsp…
もっと読む


2016年6月11日 0

頭を擡げし《もの》

頭を擡げし《もの》   徐に頭蓋内の闇たる《五蘊場》で頭を擡げた「そいつ」は 蟷螂のやうに鎌で獲物を摑まえる如く、 また、カメレオンが舌を伸ばして獲物を捕へえる如くに、 《吾》が《吾》たる根拠を食ひ潰し始めたのだ。 &n…
もっと読む


2016年6月11日 0

かの者

かの者   かの者は今も尚、十字架に磔にされて、人間の為の晒し者となってゐる。 何故、基督者はかの者を十字架から下ろさうとしないのか。 かの者は彫像に為っても尚、十字架から下ろされぬ不合理を 基督者はそれが恰も当然の如く…
もっと読む


2016年6月11日 0

∞次元の時間

∞次元の時間   誰が時間を数直線の如き一次元と決めたのか。 そもそもの間違ひが其処に《存在》する。   時間もまた、《存在》するならば、それはどうあっても∞を目指してゐるに違ひない。   …
もっと読む


2016年6月10日 0

疲弊

疲弊   やがて夜の帳が落ちる頃、漸く目覚めつつも、未だに疲弊していた此の心身には睡眠不足は否めず、何かを貪り食って再び眠りに落ちたのだが、夢魔が夢世界を攪乱し、この意識なる不可思議な存在を《吾》と名指す以前に、夢魔は「…
もっと読む


2016年6月10日 0

紫煙に見(まみ)える

紫煙に見(まみ)える   ゆっくりと煙草の紫煙を深呼吸するやうに吸うと やっと人心地がつく此の悪癖に、 「煙草は体に毒」だからと言って 無理強ひに止めさせようとする輩に出合ふが そんな輩のいふ事など聞くに値しない。 何故…
もっと読む


2016年6月10日 0

哀歌

哀歌   チェンバロの哀しげな旋律に誘はれるやうに むくりとその頭を擡げた哀しみは 胸奥に折り畳まれてある心襞に纏はり付きつつ、 首のみをぐっと伸ばして《吾》に襲ひ掛かるのだ。   ――何を見てゐる? &nbs…
もっと読む


2016年6月10日 0
WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com
PVアクセスランキング にほんブログ村 Google Analytics Alternative 黙考のしじま