《世界》を握り潰す

《世界》を握り潰す   彼はまんじりともせずに只管、眼前の闇を凝視す。 ――何故か、《吾》が憤怒にあるのは!   さう自問せし彼は闇の《世界》を無性に握り潰したくて仕方がなかった。   ――《世界》?…
もっと読む


2016年6月8日 0