にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村 ポエムブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
ツギクルバナー

白い野良猫

初秋の夏の名残が消えゆく頃、 月下の夜風は肌には涼しく …

THE [FIRST] BOOK OF URIZEN 9

第九章 1.それからそれらの「数数の都市」の住人たちは …

前歴史における世界開闢物語 五

一つ目の巨人はあらかたの使命を終へ 最後は永劫界諸共自ら…

THE [FIRST] BOOK OF URIZEN 8

第八章 1.ユリゼンは探査するなり、彼の隠れ処の数数を …

小説 祇園精舎の鐘の声 十九の篇

 だから、倉井大輔にとって日常は窮屈そのものであったので…

THE [FIRST] BOOK OF URIZEN 7

第七章 1.彼らは「子ども」をオークと名付けし、彼は成長…

前歴史における世界開闢物語 四

第四の時代 慌てふためく永劫界のものたちの中にありて 智…

THE [FIRST] BOOK OF URIZEN 6

第六章 1.しかし、ロスは女性を見し、そして、悲しむけり…

小説 祇園精舎の鐘の声 十八の篇

 月は赤銅色を脱し黄色から白色の輝きが増してゐた。白色の…

THE [FIRST] BOOK OF URIZEN 5

第五章 1.恐怖でロスは彼の仕事から飛び退きし、 彼の巨…

Call Now Button
error: Content is protected !!