にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村 ポエムブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
ツギクルバナー

小説 祇園精舎の鐘の声 四の篇

 ところが、倉井大輔には埴谷雄高の『死靈』では全く物足り…

小説 祇園精舎の鐘の声 三の篇

 然し乍ら、倉井大輔の内部に棲む異形の吾どもが奢ってゐる…

小説 祇園精舎の鐘の声 二の篇

 何が凄惨かと言へば、免疫が異常を来して己を攻撃し、己の…

小説 祇園精舎の鐘の声 一の篇

 地獄の竈かまどで焚かれた熱湯風呂に入れられたやうな、そ…

災厄は神の思し召しか

その時、巨大な何かがにたりと嗤ったのだらう。 悪疫が世界…

無題

情動に流されるままなのも癪なので 天邪鬼が昂じて敢へて内…

ボトルネック・ギターに酔はされて

Ry Cooderのボトルネック・ギターの音色が 私の心…

丸腰で

いつ如何なる時も丸腰であらねばならぬ。 何故って、それが…

老犬死す

長患ひの末に お前は最期は眠るやうに静かに息を引き取った…

隙あらば

隙あらば吾を抹殺しやうと 手ぐすね引いて待ってゐる貴殿は…

visits traffic