にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村 ポエムブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
ツギクルバナー
其処には薄ぼんやりと今にも闇に隠れそうな《存在》の実相が
仄かに見出だされ、《存在》は昼間の作り笑顔を已めていい時間へとやって来たのだ。


――ほら、これこれ。これが「私」だ。


と、薄明の中、鏡に見入る《存在》共は
己の本性が漏れ出てしまふ薄明の中で、
奇妙に蠕動する《吾》と言ふ《存在》の本音を見ては、
――ぶはっはっはっ。
と哄笑するのだ。


そして、《存在》共はすぐそばまでやってきている闇の時間に没入するべく、
《吾》に対して昼間には隠さざるを得なかった本性を
ちょろちょろと出してみては独り言ちてゐるのだ。


――ほらほら、これが「私」なの。どう? 「私」は《吾》に変貌していいかしら。
と、一人の少女が薄明の中さう呟いたのだ。


と、そこでたまゆらに真白き精霊がその少女から飛び立ち、
さうして一つの命が途絶えたのだ。


――やっと「私」は《吾》になり得、さうして、地獄へ行くのかしら?
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です