にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村 ポエムブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
ツギクルバナー
光の国への誘惑は
死を意味するのか。
地平線からの曙光は
冷たい輝きをしてゐた。


年が明けるといふことに対して反射的に
一休宗純が正月に
――ご用心、ご用心。
といって街を練り歩いた髑髏を思ひ浮かべるおれは
死への直行がめでたきこととして刷り込まれてゐるのだ。
さうでないと平衡がとれない思考の持ち主として
既に偏執した存在様態をしたおれは、
それだけで危ふい。


曙光に死の匂ひしか嗅ぎ取れぬおれは、
やはり、間違ってゐるに違ひない。
が、しかし、それでいいとも思ってゐるのだ。
きらりと眩い曙光を浴びながら、
死を思ふおれは、
その寒寒とした曙光に憧(あくが)れる。


ざくりと霜柱を踏みしめながら、
それを次第に溶かして行く筈の曙光は、
しかし、おれの心は凍てつかせるのだ。


この寒寒とした光の中で、
おれは死へと止まらない歩を進めるのみ。


美しい女性の顔が去来しては
ひっひっひっ、とおれを嘲笑ふ。


ならばとおれはその美しい女性と熱い口吻をする。


そこにはさて、愛は転がってゐただらうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です