にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村 ポエムブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
ツギクルバナー
低気圧が来ると途端に体調を崩す身にすれば、
雪景色は哀しいのでした。
何となく哀しいのです。
しんしんと降り積もる雪が辛いのです。
止めどなく溢るるのは憂鬱な気分で何となく哀しいのです。


生きるのは苦しくて
私は雪景色を恨むのです。
ここが人間の浅薄なところで、
恨んだところで、何にも解決しませんが、
気分は少し楽になるのです。


これが実存といふものなのかと、
知ったかぶりをするのでしたが、
死に絶えず追ひ駆けられてゐる私は、
この実存と言ふ言葉に何となく慰みを覚えるのでした。


それでも低気圧に蔽はれた地上に生きる私は、
苦しくて苦しくて、
頭痛に襲はれ、目眩に襲はれ、そして、卒倒するのを常としたゐたのです。
それはなんの前触れもなく突然やって来て
私は不意に卒倒するのです。
目の前は、真っ白になり、ちかちかと星が瞬き始めたかと思ふと、
バタリと卒倒するのです。


この卒倒すると言ふ状態は実存の空隙なのか。
私は、卒倒する時に喜びすら感じるのです。
何故かと申しますと、
それは苦しさから救ってくれるからです。
それが一時のことであらうとも、
卒倒してゐる私は苦悶から解放されるのです。


卒倒してゐる間、私は夢を見てゐるのかもしれません。
しかし、それは過去が走馬燈の如くに脳裡に過ぎり
死に歩一歩近付いた証左なのかも知れません。
卒倒もやはり実存から遁れることは出来ないのです。
これもまた、哀しいことなのです。
それを乗り越えるべく、観念を喰らはうとするのですが、
私の無能では実存を乗り越へるべき観念は今のところ構築できないのであります。
そもそも観念が人を生かせる代物なのかも解らず、
とはいへ、観念が生に先立つものである事は本能的に解ってゐるのです。
世間では思弁的実在論なるものが持て囃されてゐるやうなのですが、
私には、それが不満でしやうがないのです。
メイヤスーでは満足出来ないのです。
私にはカントの物自体といふ感覚が一番しっくりと来るのです。
何故なら、此の世は諸行無常であると言ふ事に物自体と言ふ観念がとてもぴったりと来るのです。
もの全て、つまり、森羅万象、現存在の思ふ通りに操れないと言ふ考へ方が一番しっくりとくるのです。


雪景色は哀しいものです。
卒倒から目覚めた私は、真白き風景を見ては
虚空を恨めしく眺め、
神を呪ふのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です