にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村 ポエムブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
ツギクルバナー
その存在を全的に受け容れたいと言ふ欲求に駆られ、
何もかもをかなぐり捨ててでも抱きしめたいのです。
あなたは既に私にとっての欲望の捌け口であり、
私の理想なのです。
これを恋と言ふのでせう。
切ない思ひを噛み締めながら、
あなたからの便りを心待ちにしてゐる私がゐます。


さうして凍てつく冬の未明は小さく小さく蹲りながら
赫赫たる真夏の陽光を夢見ながらひりひりと夜明けを待つのです。


知らぬが故に何もかも知りたいと言ふ飽くなき欲望は、
何時まで経っても満足することはないでせう。
さうだから尚も私はあなたを求めずにはゐられないのです。
痺れるやうな熱き接吻をして、あなたをぎゅっと抱きしめて愛欲に溺れたいのです。
あなたはそれを受け容れてくれないかも知れませんが、
そんなことはお構ひなしに、
私はあなたを抱擁したいのです。
こんな私は間違ってゐるでせうか。


さうして凍てつく冬の未明は小さく小さく蹲りながら
赫赫たる真夏の陽光を夢見ながらひりひりと夜明けを待つのです。


――愛してゐます。
と、私は直截に言ふことに羞じらひを覚えつつも、
やはりあなたを愛してゐるのです。
惚れた方が負けとはよく言はれることですが、
私はあなたには敗北してでも卑屈に忍びより、
Stalker(ストーカー)の心持ちをちらりと横目で見ながらですが、
あなたにこの思ひを伝へなくては浮かばれないのです。


こんなつまらぬ表現しか出来ぬのが恋といふものでせう。
惚れてしまったならば、もう当たって砕けろなのです。
こんな私をあなたは受け容れてくれますか。


上弦のか細い月が漸く昇る未明の徘徊は、
私ののぼせた頭を冷やすのにはまだまだ温か過ぎるのです。
手は悴(かじか)みながらも私の心に鬱勃として湧いてくる熱きものは
鎮まるどころか尚更に燃え上がるのです。
――あなたが欲しい。
と、直截にしか言へない私の語彙の足りなさをもどかしく感じるのが恋といふものでせう。


さうして凍てつく冬の未明は小さく小さく蹲りながら
赫赫たる真夏の陽光を夢見ながらひりひりと夜明けを待つのです。


そして、私は火照った頬を冷やす前に来光を浴びてしまってゐるのです。


そんな私の心を一枚剥がしてみると
其処にはアダムとイヴを誘惑したエデンの園の蛇がとぐろを巻いて、
鱗をきらりと光らせながら隙あらばとあなたを狙ってゐるのです。


さうして蛇の交尾のやうな激しい愛撫をあなたとしたい私がゐるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です