丸太ん棒や切り出した石材を見ただけで、
その中に例へば仏像や女体が見えるといふ仏師や彫刻家は
その姿形を素材から彫り出す事で既にその作品は完成してゐるのかも知れぬが、
それは裏を返せば姿形を木材に石材に封印する事でもある。
それと同じ事が頭蓋内の闇の脳と言ふ構造をした五蘊場に刻み込み封印する記憶と言ふものがあるが、
さて、五蘊場は既に其処に記憶を刻み彫り付ける事を予期して
既視感のものとして記憶は予め五蘊場に埋め込まれてゐるのだらうか。
つまり、現実に存在すると言ふ事は五蘊場に埋め込まれてゐたものを掘り起こすだけの作業に過ぎず、
先験的に世界は五蘊場に埋め込まれてゐて、
吾はそれを現実にぶち当たって一つ一つ彫り出す作業を記憶に関して行ってゐるだけなのかも知れぬと言ふこの感覚は、
此の世に石碑や彫刻が存在する事からして記憶もまたそのやうにあると思ってもいいのかも知れぬが、
後天的に脳に損傷を受けた場合、
最早五蘊場に埋め込まれてゐる記憶は掘り当てられずに、
埋まったままに眠りに就き、
それを掘り当てることは最早ないとも言へる。


当意即妙に現実に対応出来る現存在などの個体は、
思考実験やSimulation(シミュレーション)によって未来の準備をしてゐて
それが五蘊場には地層の如くに堆積してゐて
其処には化石の如くに掘り当てられる事を待ってゐる記憶が五万とある筈で、
否、化石ではなく、その五蘊場に堆積した地層の石礫一つ一つが記憶であり、
彫り当てられるのを今か今かと待ってゐるのだ。
しかし、脳に損傷を負ってしまった現存在は、
五蘊場の底が抜けて、砂時計の砂が落ちるやうにさらさらと未来の記憶が抜け落ちるのだ。


然し乍ら、五蘊場に未来の記憶も先験的に封印されてゐるとしたならば、
それはギリシャ悲劇の登場人物のやうなもので、
運命に翻弄される事が宿命付けられた人間の哀しみが溢れるばかりの存在に違ひなく、
五蘊場、丸太ん棒、石材などから彫り出される例えば女体は、
それは大いなる哀しみに包まれた存在に違ひない。
夏目漱石の『夢十夜』に出てくる運慶か快慶の物語は、
多分に間違ってゐるのだ。
素材を見て其処に仏像が埋まってゐてそれを彫り出すと言ふ行為は
運命論者の戯れ言に過ぎず、
例えば丸太ん棒に埋め込まれてゐると思った仏像は
時時刻刻と削り彫り出される毎にその姿形は変容させてゐて、
運慶、快慶の五蘊場の中で、大揺れに振動してゐて姿形は定まらぬままに
試行錯誤しながら仏像は彫られてゐた筈なのだ。
さうでなければ、この一寸先は闇の現実の様相に対して
一時も存在出来ぬのがこの如何ともし難きこの吾といふ存在なのだ。


嗚呼、封印された記憶の堆積よ、
其を開けるものは何ものぞ。
よもや吾などいふ冗談は已めてくれ。
其は世界だと、此の血塗られた血腥い世界だと言ってくれ。