にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村 ポエムブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
ツギクルバナー
地の下では悍ましく瘴気を発する黒雲が渦巻き、
更にその下には大蛇がとぐろを巻く如く漆黒の闇があり、
其処からは憤怒の炎が囂々と音を立てながら吐き出されてゐた。
漆黒の闇は地から堕する吾達を手ぐすね引いて待ってゐて
漆黒の闇は地から堕する邪な吾を餌に肥え太り、
其処には永劫の時間が流れてゐた。
その漆黒の闇は或ひは地獄と呼ばれる代物なのかもしれぬが、
その内部は地獄に堕ちた邪な吾どもの呻き声で満ち溢れ、
呻き声が大きくなればなるほど憤怒の炎は巨大な火柱を上げた。
それは或ひは未来の太陽なのかもしれず、
大蛇の如くとぐろを巻く漆黒の闇は
或ひは天国、若しくは極楽の正体なのかもしれなかった。


つまり、天国、若しくは地獄は地続きであり、
共に其処は漆黒の闇なのであった。
私は夢で何度となく死んでゐたが、
夢の中で死んだ後、私はううっと声にならぬ呻き声を
電磁波を発する如く身を小刻みに震はせながら発しては、
中有を漂ひ最後は悍ましく瘴気を発する黒雲を通り抜け、
漆黒の闇に呑み込まれては
入水するかのやうに息苦しさに堪へられず、
漆黒の闇の中で溺れ、
遠くで憤怒の炎が囂々と音を立てて立ち上る様を
見上げるのであったが、
それも束の間、
足下にぐにゃりと柔らかい感触を感じて
虫唾が走り、
恐怖に戦くのである。


よくよく見ると漆黒の闇には人が犇めき合ひ、
私はそれを踏んづけたのである。
人、人、人で溢れんばかりの漆黒の闇は、
悪臭漂ふ人いきれで噎せ返らんばかりであったが、
漆黒の闇ではそれらの邪な吾達は
異形の吾としてその正体を剝き出しにしてゐて、
それは悍ましいといふものでは語り尽くせない、
醜悪極まりない剝き出しの人間なのであった。
私もその例に漏れず、
醜悪極まりない異形の吾としてその正体を剝き出しにしてゐるのは
間違ひないのであらうが、
漆黒の闇の中ではそれを確かめる術がなかったのである。


漆黒の闇に溺れて、
私は而して自由を手にしてゐたのかもしれぬ。
其処が地獄でも極楽でも構はぬが、
唯、悍ましい化け物達が人間を食み出して
異形のものとして確かに存在してゐたのである。
それが存在の本質なのかもしれぬと思ひながらも、
私は人間の悍ましい正体に反吐を吐くのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です