にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村 ポエムブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
ツギクルバナー
泥沼の源泉のやうに鬱勃と湧く泡の如く
異形の吾は吾が五蘊場で鬱勃と湧いては、
ぽんと弾けて断末魔を上げ
そのGrotesqueグロテスクな表象を五蘊場にばら撒いては
吾の正体を浮き彫りにする。
しかし、そもそも吾がGrotesqueでなかったことはあるのだらうか。
吾殺しすらする吾は
残忍極まりなく、
その形相ぎょうそうは般若の如く、或ひは鬼の如くあり、
殺戮した吾を血みどろになりながら嗤って喰らふ。
さうすることでしか吾は生き延びられぬのだ。
何時しか五蘊場は血の海に成り果て、
何時も血腥い中、
吾は野生の本能を呼び覚ます。
さう、吾は生き延びるために
殺戮した吾を喰らふのだ。
さうすることで生に縋る本能を呼び起こしてゐる。
今も五蘊場に鬱勃と湧く異形の吾は
泥沼の源泉の泡の如く
クボックボッと弾けては
血腥いGrotesqueな表象をまき散らしては
吾に喰はれる。
さうして吾が五蘊場は何時しか血の海に変はり果てた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です