ボトルネック・ギターに酔はされて

投稿日: 作成者: 積 緋露雪
にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村 ポエムブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
ツギクルバナー
Ry Cooderのボトルネック・ギターの音色が
私の心の琴線に触れて、
音楽に酔ひ痴れた休日、
締めはやはり、Robert Johnsonだ。
あの甲高くもなんともいへない哀切が滲み出るVocalに
一人で弾いてゐるとは思へぬ超絶のギターが繰り出すボトルネック・ギターのうねる
デルタ・ブルースの頂点に君臨したブルース・マンの
ほぼ百年前の歌声に酔ひ痴れる不思議に
エヂソンの発明のお陰とはいへ、
よくぞ三十歳にも満たない生涯の彼の音源が残ってゐたと
その奇跡に惜しみない拍手を送るが、
然し乍ら、この私の心とボトルネック・ギターの音色の親和性は
どこから来るのかと思案してみると、
ギターの音色のゆらぎが
この私を私と名指せぬ揺らいだままの不安定な私の立ち位置に
共振するのかもしれぬ、と思ひなす。
どうも私は確固としたものが苦手で
絶えず揺らいで不安定なものに心惹かれるのは、
この私の定まらぬ私といふ存在の在り方に由来するらしい。
エドガー・アラン・ポーがギターを初めとする弦楽器が好きな人の特徴を
なんとかと書いてゐたが、
華やかさを強烈に加へる管楽器も好きな私はポーの範疇からは零れ落ちてゐるのだらう。
とはいへ、西洋の平均律に、また、十二音階に物足りなさを感じる私は、
そこから食み出る例へばインド音楽などの民族音楽が好きで、
その一つとして、ブルー・ノートを基調とするブルースが好きで堪らない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です