にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村 ポエムブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
ツギクルバナー
逃げるが勝ちではありませんが、
現状から逃げるのは致し方ないと思はれるのです。
それといふのも現状維持にはヘトヘトに疲れてしまったのです。
それでは何故現状維持をしてゐるのかと問はれれば
それは対外的な見得以外の何ものでもなく、
そんなものなど棄ててしまへばいいのですが、
長らく現状維持を引っ張ってきてしまった私の弱さに
ほとほと嫌気が指すのです。
今こそ遁走するときなのです。
これ以上の無理は寿命を縮めるのみで、
何もいいことはありません。
疲労困憊、心神耗弱で、
思考力も衰へる中、
状況判断するのも面倒臭い現状において、
就中、死は覚悟してゐるのではありますが、
それでも生かされてゐることを思ふと
見得は捨て去り遁走するのが一番です。
さうして私は独り六畳一間の薄汚れたアパートに引き篭もるのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です