にほんブログ村 ポエムブログ 現代詩へ
にほんブログ村 ポエムブログへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ 純文学小説へ
ツギクルバナー
若手現代作曲家、平川加恵さんのブラームスをモチーフにした作品
「私的夜想曲 Secret Nocturne for chamber orchestra」がえらく気に入り、
私的夜想といふ言葉にも何かしら触発されるものを感じながら、
その緻密に計算し尽くされ、
ブラームスの楽曲から一切引用せずに
それでゐてブラームスを彷彿とさせる和声音や音型などが
彼方此方に鏤められた平川加恵さんの私的夜想曲を聴くと、
確かにブラームス風のものが再現前し、
然し乍ら、其処にブラームスは何処にもゐず、
出現するのは平川加恵といふ確固とした存在の現前なのである。
この不思議な感覚は平川加恵の背後にブラームスがひょいと顔を出しては
影絵のやうにさっと遠くに身を退くことを繰り返しては
ランタン祭の夜の街の風景のやうに
それは淡い灯火の光に包まれた無数のランタンに
人影ばかりが見える何処か懐かしさを感じる光景を見るに等しい
正しく夜に私的な物思ひに耽ってゐる有様が思ひ浮かぶのであった。


翻って私の私的夜想はといふと
相も変はらずこの煮ても焼いても食へぬ吾との鬼ごっこなのである。
自称、乖離性自己同一障害と呼ぶこの私は
どうあっても常人とは違って
私と吾が余りにもかけ離れてゐて
最早収拾が付かぬのである。
私の内部に巣くふ吾は
私の頭蓋内の闇、即ち五蘊場を根城にしながらも
神出鬼没に、例へば瞼裡に再現前しては
あっかんべえをして私を弄ぶのである
それの何処が面白いのか私には全く解らぬのであったが、
吾にとっては私を揶揄からかふのが愉しいのだらう。
この折り合ひのつかぬ私と吾は
この狂気を携へて死すまで、否、死後も永劫に亙って
折り合はぬままに私と吾は乖離したままにあるに違ひない。
だからそれがどうしたといふのかと問はれれば、
私は答へに窮するのであるが、
だからといってこれをそのまま放置しておくのも
精神衛生上よろしくないのも事実で、
この乖離した吾を如何ともできぬ吾は
吾をとっ捕まへたくて絶えず鬼ごっこを日夜続けてゐるのである。
しかし、吾が私に捕まる筈もなく、
その自在に逃げ回る吾は、
ひょいと私の視界の境界から顔を出しては
――けっけっけっ。
と嗤ひ、すぐに何処かに姿を消すのであった。


私はこの吾を夢魔の眷属と看做して
夢現の狭間で伸び伸びと棲息する悪鬼と思ひなして
私を宥め賺してゐるのが実情なのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です